環境と福祉の充実を目指して

月別バックナンバー [ 2008年 11月 ]

厚東川通信No241(2008年11月15日) [2008/11/11 火 PM 09:49]

日本共産党山口県委員会が、山口労働局に申し入れ

 

マツダは、派遣社員削減するな

 

吉田所長・藤本県議らが申し入れ

 

 十日、日本共産党山口県委員会は、「マツダに社会的責任を果たさせるよう求める要望書」を山口労働局に提出しました。申し入れには、党山口県国会議員団吉田貞好事務所長、藤本県議らが参加しました。
 マツダは、下半期の生産台数を七万三千台引き下げることを明らかにしました。この減産に伴い、広島県の宇品工場の派遣社員が約八百人削減され、今後、防府工場でも派遣社員の削減が進む可能性があると報道されました。
 申し入れ書は、「マツダの内部留保は三千七百億円(従業員一人当たり約一千万円)に達している。」とし、山口労働局に、「マツダ防府工場に対し、派遣社員など労働者の削減を行わず、雇用の社会的責任を果たすよう指導・助言を行うよう」求めました。
 対応した山口労働局西方職業安定部長は、「マツダが、防府工場の人員削減計画について山口労働局に説明に来ることになっている。」と説明し、その結果を明らかにすること約束しました。


08.11.10 002.JPG

山口労働局に申し入れを行う吉田所長ら 

 

志位委員長が下関駅前で訴える 

 

 三日、下関駅前で、志位委員長を迎えて街頭演説会が行われました。約一三〇〇人の聴衆が志位さんの演説に耳を傾けました。
 志位委員長は、「自民党は、解散を先延ばししても展望は開けない。」と厳しく批判しました。

 

08.11.3 002.JPG


下関駅前の街頭から訴える志位和夫委員長

 

9月県議会報告シリーズ③

 

阿武の貴重な地層を保存せよ

 

 藤本議員は、広域農道阿武北二期地区の工事現場で発見された三十万年前の火山活動の痕跡を残す貴重な地層を保存し、天然記念物に指定し、ユネスコの地質遺産「ジオパーク」に指定するよう求めました。
 松永農林水産部長は、今後の工事については、ブロック積みの可否や希少な法面の保存方法など「イラオ火山灰層法面保護工検討協議会」で引き続き検討していただき、その結果を踏まえて、工事を進めたいと答えました。
 藤井教育長は、天然記念物指定について、地元市町と連携し研究会への参画、文化財保護審議会委員の意見を聞きながら、必要に応じて支援していきたいと答えました。
 また、地質学的に価値の高いものを地域の活性化・観光に活用するためのジオパーク構想についても、必要に応じて支援すると答えました。

 

一気

 

日本中国友好協会山口県連合会の中国旅行が延期されましたが、今度は、「平頂山殉難同胞遺骨館」に行こうと計画しています▼一九三一年平頂山の住民三千人が関東軍の手によって虐殺されました。平頂山事件の生存者の一人である王さんはインタビューで「やがて静かになって起きだしたら、あたりは血の海、火の海だった。」と語っています▼田母神自衛隊航空幕僚長が、かつての日本の侵略戦争を美化する論文を執筆し、更迭されました。田母神氏は、論文で、旧日本軍の中国侵略を「日本政府と日本軍の努力によって、現地の人々はそれまでの圧政から解放され、また生活水準も格段に向上したのである。」と書いています。田母神氏は、平頂山事件などを受けても、日本軍が、満州を開放したと言い続けるのでしょうか。首相の責任は重大です。