環境と福祉の充実を目指して

月別バックナンバー [ 2008年 09月 ]

日鍛バルブ労働者の雇止・解雇で労働局に申し入れ [2008/09/12 金 PM 08:30]

 本日、山口県労連(河済盛正議長)、宇部地域労連(早稲田勝議長)、ローカルユニオン宇部(松富豊委員長)は、山口労働局(友藤智朗局長)に対して、「雇止め・解雇に対する指導・是正の申し入れ」を行いました。私は、申し入れ書の提出に同席しました。

 山陽小野田市の日鍛バブル山陽工場(井上文雄工場長)に勤務するAさん、Bさん、Cさんの3名は、今年10月13日で期間雇用の期日が切れるということを理由に、会社から雇止めを通告されました。

 Aさん・Bさん・Cさんの3名は、今年3月に、派遣労働者として勤務していた派遣元から雇止を通告されました。3名は、宇部地域労連労働相談センターに相談、ローカルユニオン宇部に加入して派遣先の日鍛バルブ山陽工場側と団体交渉を行ってきました。その結果、工場は、「3年を超えて派遣先・日鍛バルブ山陽工場の同一部署で勤務している」ことから、直接雇用(期間社員)とすること、期間終了後の雇用については継続雇用とすることを合意しました。

 ところが、会社は、3名に一方的に、「業務の終了」などを口実に、雇止めを通告してきたのです。

 申し入れ書では、「会社は、3名を、期間の定めのない直接雇用とすべきものを期間雇用にした」と指摘しました。

 これについて労働局は、「労働者派遣法は、派遣労働が3年続けば、直接雇用しなければならかいことを規定しているが、期間の定めのない雇用とは限定していない。」との見解を示しました。

 その上で、この問題に関し調査・指導を行うよう求める申入れに対して、労働局は、「明確な法律や基準に抵触することが明らかな場合は対応したい。」と答えました。

 交渉団は、今年3月1日に一部改正された「有期労働契約及び更新・雇止めに関する基準」には、「当該契約を更新する場合又はしない場合の判断の基準を明示しなければならない。」とある。その「判断の基準」は、①契約期間満了時の業務量により判断する②労働者の勤務成績、態度により判断する③労働者の能力により判断する④会社の経営状況により判断する⑤従事している業務の進捗状況により判断するである。今回の雇止め通告のケースでは、上記の判断の基準は全て当てはまらないと指摘しました。

 交渉団は、「会社は、今回の雇止め通告で厚生労働省の基準を逸脱していることは明らかであり、労働局が会社に調査や指導する根拠はある」と指摘しました。

 労働局は、来週にも雇止めとされた労働者の意見を直接聞く場を持つことを約束しました。

 今回、雇止めが通告された労働者は、20代~30代の労働者です。日鍛バルブの同様の部署に、04年から勤務しています。04年の年末から05年5月末までは、請負会社の社員として。05年6月から今年の4月13日までは派遣会社の社員として。今年の4月14日からは、日鍛バルブの期間雇用労働者として働いています。

 彼らは、途中で、正社員の試験を受けようとしましたが、「きちんと対応するから(正社員にするから)もう少し待ってほしい」と会社側から言われ、試験を受けることも出来ず頑張ってきました。しかし、会社は、3年半以上同一部署で働いてきた彼らを明確な理由のないまま解雇しようとしているのです。これこそ、青年労働者の使い捨てです。

 このような働かせ方が放置されたままで、青年に未来はないと思います。青年の未来を拓くためにも労働局は今回の事案に対して、適正な調査と指導を行うべきです。

事故米の流通 [2008/09/11 木 PM 11:09]

 本日、県生活衛生課から、「非食用の事故米穀の不正流通について」という文書が送られてきました。これは、現在まにに確認できた範囲で、事故米の県内流通を明らかにしたものです。結論としては、現時点で、県内に事故米は流通していないという報告でした。

 9月8日に三笠フーズの事故米穀の販売先を農林水産省が公表しました。その中に、山口県の業者はありませんでした。同日、農林水産省が事故米穀を原料として工業用のりを製造する事業者の立入調査を指示しましたが、その中に県内の事業所はありませんでした。また、三笠フーズからの出荷先に、現時点で、山口県内の事業者は見当たりませんでした。以上が、現時点での県担当課がまとめた報告内容の主なものです。

 しかし、三笠フーズが関わった事故米にしても、酒造メーカーは同意した企業のみであり、菓子メーカーについては未公表です。また、三笠フーズからの出荷先も全てが明らかにされなければなりません。

 更に、農林水産省は、本日、事故米を同省から購入した愛知県の「浅井」と「大田産業」が当該米を不正販売していた事実を明らかにしました。

 今後の調査次第では、山口県内で事故米が発見される可能性は否定できません。

 県は、「引き続き情報の収集に努めるとともに、事故米穀の県内への出荷が確認された場合は、県民への情報提供等、適切に対応する。」としています。県内で事故米が発見されないことを願いますが、いざという時には、県の機敏な対応を求めたいと思います。

 今回の事故米には、毒ギョーザ事件で有名になった殺虫剤「メタミドホス」に汚染されたものも含まれています。これは、食の安全に対する恐るべき無責任さであり、企業の責任はもちろん、農林水産省の監督責任がきびしく問われます。農林省は、三笠フーズをはじめ事故米に関連する業者の当該米の流通状況を国民に早急に公表すべきです。

 問題の根底には、コメ輸入の問題があります。日本が必要のないコメ輸入を続けるために、残留農薬やカビなど、事故米の発生に甘い態度をとってきたとすれば、重大です。農水省はこの機会に、コメ輸入の是非を検討すべきです。少なくとも、カビ毒や農薬に汚染されたミニマムアクセス米は廃棄処分とし、国内流通を禁止すべきです。

 日本共産党国会議員団は、9日、農水省に、この問題で申し入れを行いました。県内で事故米が発見される事態になれば、私も必要な対応を機敏にしたいと思います。

県議会厚生委員会県内視察 [2008/09/10 水 PM 10:11]

 昨日と本日、県議会厚生委員会の県内視察に参加しました。

 昨日は、まず、萩市が運営する 「エコプラザ・萩」を視察しました。ここは、ペットボトル、プラスチック製容器包装、紙製容器包装をそれぞれ、圧縮し梱包する施設でした。梱包後は、全量資源化されていました。資源化の相手は、「容器包装リサイクル協会」で、ペットボトルの中国など海外への流出は萩市ではないということでした。

 次に県立萩看護学校を訪ねました。看護学校では、学生の応募状況が報告されました。第一看護学科は、H16年に183名の応募があったものが、H20年は、121名に、第二看護学科は、H16年に72名の応募があったものが、H20年は48名に減少していることが明らかになりました。

 背景には、少子化の影響もあるでしょうが、介護職と同様、劣悪な看護職場の状況が反映しているのではないかと思います。診療報酬の引き上げや看護体制の充実など、看護師の労働条件の向上が不可欠だと感じました。

 フジミツ株式会社では、「地域連携型廃油リサイクルプロジェクト」が報告されました。フジミツでは、大量に発生する植物性廃油を清浄し、鉱物燃料と混合させた、リサイクル燃料で自社のボイラーを稼動させていました。フジミツは、この取組みを発展させ、長門エリアで、企業や家庭から廃油を回収し、リサイクル燃料を製造し、販売することを提案していました。現在、長門市などへ具体的に提案を行っているそうです。原油高騰の中、この提案は、企業や家庭へのメリットと地球環境保全へのメリットが二重に実現できるプロジェクトであり、私は、興味深く感じました。

 昨年、県議会厚生委員会で山形県を訪ね、ヨコタというトレー製造メーカーを視察しました。この会社は、自社のトレーを会社周辺地域のトレーを集めることで再生し製造するという「トレートウトレー」プロジェクトを提案し、実行していました。

 この事業は、山形県が積極的に関与し、県のモデル事業として推進していました。このような取組みを山口県で出来ないものかと考えていましたが、扱う商品は違うけれども、フジミツの提案は、山形と同じような先駆的取組みにしていくことが出来ると感じました。 フジミツの取組みを山口県としても支援すべきだと感じました。

DSCN1037.JPG

植物性廃油を洗浄し、鉱物燃料に混合するシステム

 今日は、特定非営利活動法人ゆや棚田景観保存会を訪ねました。この団体は、H17年に設立された油谷の棚田を維持していく団体です。4年目の今年は、東京都の高校の修学旅行を受け入れるなど活動が充実していました。しかし、活動を維持していくために借りている旧文洋小学校の耐震化など施設や設備の維持が大きな課題だと語られました。NPO活動に対して設立から事業継続まで支援する県制度を更に拡充する必要性を感じました。

 次に、下関市社会福祉協議会菊川支所が運営する地域共同ホーム中村さん家を訪ねました。この施設は、赤ちゃんからお年寄りまで障害の有無に関わらず受け入れる施設として幅広い活動を展開していました。介護保険下のデイサービス事業、子どもの放課後預かり事業、青年の自立支援事業、障害者のデイサービスなど、地域のニーズにほとんど対応できるメニューを持っていました。しかし、運営資金の確保は大変なようで、8名の職員の内、正職員は一人ということでした。

 そこで、施設側から要望が数点だされました。一つは、放課後児童クラブ事業を規模が小さくても補助がされるようにしてほしいというものです。二つ目は、高齢者や障害者がともに生活できる多機能型グループホームへ補助がされるようにしてほしいというものです。三つ目は、県が、「中村さん家」のような取組みを支援してきた「総合・循環型福祉サービス推進モデル事業」が平成19年で終了しているが、後継の事業を創設してほしいというものです。

 地域の人が住んでいる地域で様々な福祉サービスを受けることができるこのような取組みは、極めて重要だと思います。これらの取組みが安定して運営できるようにするために、提案された要望はどれも必要なものだと感じました。これらの願いが山口県で実現できるように、私も早速、9月議会で県に提案していきたいと思います。 

DSCN1040.JPG

 中村さん家は、古民家を改築された施設でした

 最後は、社団法人やまぐち食の安心・安全研究センターを視察しました。この施設は、JAとコープやまぐちが中心になり運営しているものです。主な事業は、コープ商品やJAの生産物の自主検査です。私は、事業内容に、「食の安心・安全に係わる調査研究に関する事業」とありましたので、調査研究の実績をお訊ねしたところ、取組みはこれからだということでした。山口県では食の安心・安全に関わる条例が制定されようとしています。この条例に、この研究センターの経験が反映される必要を感じました。更に、今後、条例を推進していく上で、研究センターの調査研究が役立つようになればと感じました。

 二日間でしたが充実した研修となりました。どの問題も今後の県政に生かしていきたいと思いました。

京都市議補選で勝利 [2008/09/09 火 AM 06:54]

 7日投開票で行われた京都市議南区補欠選挙(定数1)で、日本共産党の佐野春枝さんが当選しました。日本共産党の京都市議は、自民党(22名)に迫る20人となりました。

 自民党は、亡くなった現職の息子が立候補。事務所に遺影を掲げ、運動員は喪章を付け、弔い合戦を演出しました。京都出身の伊吹財務大臣、谷垣国土交通相など現職閣僚が顔を揃えて街頭宣伝を行うなどの熱の入れようでした。大差での敗北に、ある自民党支援者は「自民党そのものが見放されたということだ」と語りました。

 佐野さんは、京都民医連病院のケースワーカーを25年間勤め、5万件の生活相談を行った人です。命の恩人のためにと多くの市民が支援の輪を広げました。はじめて応援弁士を務めた元社会福祉事務所の所長は、「正直勝つとは思わなかった。それだけ、いまの政治への怒りが強いということだと思います」と語っています。

 マスコミでは、自民党や民主党の党首選挙の話題ばかりですが、どん底の国民の暮らしを立て直すにはどうしたらいいのかという、政治の中身をよくする報道が少ないように思います。

 今こそ、日本共産党の出番。来る総選挙で、山口県でも躍進できるように、京都の勝利に学び奮闘したいと思います。

祖父50回忌。父3回忌。 [2008/09/08 月 PM 09:32]

 昨日、祖父一人の50回忌と父善昭の3回忌の法事を実家で行いました。おつとめをしていただいた僧侶の方のお話によると、父の50回忌に出られる子どもは少ないということでした。父が短命か自分が長寿かでないと出席が叶わないということでした。私の祖父=父の父は、60歳で亡くなりました。我が家では、6人の父の兄弟の内、3人(父の姉と父の妹と弟)が父の50回忌に出席することができました。ということは出席率は高いと言えるのでしょうか。私が父の50回忌に出席しようとすると90歳まで長生きしなければなりません。その困難さがよく分かります。

 私の祖父一人は、昭和の合併前の吉部村役場の職員でした。楠町に合併される前は、吉部村の助役でした。合併後は、楠町吉部支所の初代支所長を務めました。退職後、吉部農協の組合長をしていた時、職場で倒れ、その数時間後に亡くなりました。

 先日、祖父一人の一番下の妹が90歳で亡くなりました。その葬儀で、父の従兄弟になる喪主が親族代表のあいさつをしました。その中で、「残された遺族は、家に与えられた役割を果たしたい。」と話しました。私は、自分の家に与えられた役割は何かと考えました。

 父は、小学校の教員生活の後、吉部公民館長を務め、楠町議会議員を務めました。

 祖父と父の経歴を受け継ぐ、我が家としては、「人のために尽くせ」が先祖が残してくれた我が家の役割ではないかと思い、その事を法事に参列された親族への挨拶として私は話ました。

 会食の場で、叔父や叔母たちが、「藤本の家は、人の世話を焼くのが仕事」と口々に言ってくれました。

 家訓とまではいきませんが、私は、そのような星の下に生まれたのだと痛感します。これからも誠実に、人の世話を焼かせていただきたいと思います。そして、我が家の子どもたちにも、人に誠実に接するように躾けたいと思います。

ベルヌ作品にフジモトは登場するのか [2008/09/07 日 AM 07:26]

 ベネチア映画祭に出品されていた「崖の上のポニョ」はおしくも受賞は逃したようですが、映画そのものは大好評のようです。先日、ある小学生が「ポニョ ポニョ ポニョ 不思議な子」と歌っていたので、「君、映画観に行ったの?」と聞くと、「いや行ってないよ。」と言うので「おじさんは行ったよ。」と言うと不思議そうな顔で私を見つめていました。ポニョの歌も大ヒットのようです。

 さて、7月20日のブログで、「崖の上のポニョ」にポニョの父親「フジモト」が登場することを書きました。このブログを読んで、中島さんから「ベルヌの作品に本当にフジモトが登場するんですかね。」という問い合わせが来ました。

 映画のパンフレットによると、「フジモトは、ジュール・ブェルヌのSF小説『海底二万リーグ』に登場する潜水艦、ノーチラス号の唯一のアジア人。」となっています。私もベルヌの作品にフジモトが登場するのかどうか気になって、一冊ポプラ社版「海底二万マイル」を買い読みました。この本には、フジモトは登場しないようです。しかし、翻訳者の南本史さんの解説に「この本は、原書で600ページもある作品ですので、かぎられた枚数の都合で、おおはばに作品のかおりをそこなわないていどに省略してあります。」とありました。

 ベルヌの作品を全て通してみると「フジモト」は登場するのでしょうか。

 アジアの少年は登場するが、それからは、宮崎監督の想像なのでしょうか。そうなると「フジモト」も宮崎監督が命名したのでしょうか。

 中島さんの疑問は、私の疑問でもあります。ベルヌと宮崎作品に詳しい方、私たちの疑問を解いてください。

 

 

鶴彬生誕100年 [2008/09/05 金 AM 07:50]

 来年は、反戦の川柳作家鶴彬生誕100年です。今、全国で鶴彬を顕彰する取組みが行われています。

 鶴彬は、「第7連隊赤化事件」で大阪衛戍監獄に投獄されました。あれから75年、この大阪衛戍監獄跡地に鶴彬の句碑を建立しようと、鶴彬顕彰碑建立実行委員会は、募金活動を行ってきました。約1250人が賛同し、520万円の募金が集まりました。そして、今月14日に、句碑の除幕式と記念川柳大会が行われます。私のカンパも句碑の一部になりました。

 ドキュメンタリー映画「鶴彬」が来年3月公開予定で神山征二郎監督の手によって製作されています。神山作品は、「白い手」「月光の夏」「三たびの海峡」「草の乱」などを観ました。今年は、「ラストゲーム最後の早慶戦」が上映中です。この巨匠がついに「鶴彬」を手がけます。ドキュメンタリー映画「鶴彬」製作・普及を成功させる会では、映画製作のための募金を行っています。私のところにも先日、募金の振込用紙が届きました。わずかですが協力しようと思います。

 今、小林多喜二「蟹工船」が空前のブームです。そして、鶴彬にもこのように光が当たろうとしています。それは、多くの人々が歴史があの時代に逆戻りしているのではないかと危惧しているからだと思います。だからこそ、あの時代を知り、歴史を繰り返すまいと、多くの人の英知が、小林多喜二や鶴彬に光を当てているのだと思います。

 鶴の作品の中で私は、「暁を抱いて闇にゐる蕾」という句が一番好きです。「手と足をもいだ丸太にしてかえし」の時代に明日を信じて生きた鶴の願いの結晶が「暁」の句だと思います。

 「暁」の句を詠むと元気になります。

 ドキュメンタリー映画「鶴彬」が完成したら山口県で上映会をやりましょう。その時は、皆さんもご協力ください。

雨宮講演会まであと2週間 [2008/09/04 木 PM 09:51]

 9月20日、宇部市シルバーふれあいセンターで雨宮処凛講演会を午後2時から行います。山口県で雨宮さんの講演は初めてだと思います。今日は、雨宮さんは、「蟹工船」ブームの立役者だと言うことをお伝えしたいと思います。

 今年5月の産経新聞に「小林多喜二『蟹工船』突然のブーム ワーキングプアの連帯感」という記事が掲載されました。「蟹工船」の新潮社版は、例年5000部売れていたのが、今年はすでに30万部以上の売れ行きと言われています。

 産経新聞のコラムでは、ブームのきっかけになったのは、毎日新聞に今年1月に掲載された高橋源一郎さんと雨宮処凛さんの対談だったと書いています。雨宮さんが、「蟹工船を読んで、今のフリーターと状況が似ていると思いました」と発言。高橋さんが「偶然ですが、僕が教えている大学のゼミでも最近読みました。そして意外なことに、学生の感想は『よく分かる』だった」と答えています。

 さらに、雨宮さんはマガジン9条というブログで、「『蟹工船』を読み打ちのめされた。」「『蟹工船』の時代に逆戻りしていることをひしひし感じた。」と書いています。

 雨宮さんは、例えば、蟹工船の時代では、集団で貧しい人々が蟹工船に乗り働かされる。そこには「斡旋屋」が絡み、蟹工船に乗る時点で既に借金を抱えている。「労働者が北オホーツクの海で死ぬことなどは、丸ビルにいる重役にはどうでもいい事だ」と小林多喜二も書いていると紹介しています。

 一方、現代の青年はどうか。「斡旋屋」ではなく、人材派遣会社は北海道や東北、沖縄などに多くの事業所を抱えている。そこで集められた労働者は、「月収30万円可能」と言われながら、給料から寮代や光熱費などが取られていくらも手元には残らない。人材派遣会社は、悪質な「斡旋屋」だと雨宮さんは指摘します。

 また、小林多喜二の表現を現代の青年に当てはめ雨宮さんは「労働者がネットカフェ難民になることなどは、六本木ヒルズにいる金持ちには、どうでもいい事だ」と書いています。

 新潮社に続いて角川書店が「蟹工船」を新刊として出版しましたが、この解説を書いたのが雨宮処凛さんです。

 厳しい労働条件に追いやられている青年の皆さん、そして、蟹工船を若い時に読んだという世代の皆さんも、ぜひ、9月20日の雨宮処凛講演会にお越し下さい。市内のプレイガイドで券を販売しています。

雇用促進住宅の一方的廃止は許さない [2008/09/03 水 PM 09:10]

 本日、時田宇部市議と一緒に、2011年度までに廃止の対象となっている宇部市万倉にある楠雇用促進住宅を訪ね、自治会長さんと懇談しました。

 雇用促進住宅を管理する雇用・能力開発機構(以下機構)から団地住民に、今年6月、突如、「12月以降、契約更新は行わない」との通知が一方的に送られてきました。

 2年ごとに契約する方で11月に契約を更新した人の場合、再来年(2010年)の11月までは入居可能となります。このケースが最長になりますが、次々に退去が強いられます。

 毎年更新する方の場合では、11月に説明会を開き、半年後(2009年5月頃)までに退去するよう求めてます。

 機構は、全国方針である2011年までに廃止の対象の団地住民へ、確実に、退去を迫っている実情がよく分かりました。

 会長さんは、機構に詳しい説明を行うよう求めました。7月頃に開催されるとの情報もありましたが、未だに開催されていません。

 私たちは、2011年廃止対象の団地で機構主催の説明会が至急開催されるよう関係機関に働きかけを行うことを会長さんに約束しました。

 現在、当該団地から地元の万倉小学校や楠中学校に計20名程度の子どもたちが通っています。会長さんは、「団地が存続できるかどうかは、地域の振興にとっても重要な課題だ。」と話されましたが、その通りです。今回、廃止の対象になっている団地は、過疎地域に設置されているものが多いようです。そような地域だからよけいに、もし、団地が廃止されれば地域に与える影響を甚大です。過疎地の地域振興のために雇用促進住宅を廃止させてはなりません。地元市町と県は真剣にという機構に団地存続を今、求めるべきだです。

 同時に、万が一の対応も必要です。廃止された場合、その団地を地元市町や県がどう維持していくのかを、至急検討する必要があります。時田市議の話では、機構は宇部市に対し、廃止の対象となっている団地だけではなく、全ての団地を譲渡すべく交渉を開始したい意向のようです。

 団地の譲渡交渉の相手は市町だけで、県は知らん顔ではいけません。今回廃止の対象になっている団地の戸数は、1047戸です。少なくとも数千人の県民の居住権が奪われようとしている一大事です。県も市町とともに譲渡交渉の全面に立つべきです。それこそが、「市町とともに歩む」県が取るべき道です。

 更に、「やむなく退去となった住民へは、市町営や県営住宅への優先入居を認めるなどの対応も必要だ」と自治会長さんから要望を受けました。

 「 日本共産党国会議員団は、8月26日に、舛添厚生労働大臣とこの問題で懇談しました。

 国会議員団は、①廃止決定を白紙に戻し、再契約拒絶通知を中止する②一方的な住宅廃止や退去を強行しないこと③退去が難しい場合は、入居継続を認めるなど居住権を保障する④売却を認める場合、自治体と協議し、入居者にとって最善の結果となるよにする⑤ワーキングプアなど住居を確保できない人への住宅対策として活用方策を検討することの5項目を提起しました。

 これに舛添厚労相は「入居者の声を聞き説明会をきちんと開き、一方的な形で入居者を退去させることはないよう大臣として指示したい。ご高齢だったり、身体障害があったり、困っている人の声を聞き、よく説明をし、手を差し伸べて対応するよう指示します」と語り、早急に改善策をまとめ文書で回答すると表明しました。

 私は、この交渉の概要を自治会さんにお伝えすると、「私たちには全く情報がないので詳しく知らせてほしい」と要望を受けました。今後、詳しい内容をお伝えすることを約束しました。

 団地住民の意向も聞かずに、一方的に契約更新拒否の通知をまず出す。これこそ、自公政治の行き詰まりを象徴する事例です。これこそ、住民の暮らしよりも、財政効率化を最優先「構造改革路線」の反国民的な表れを示す事例です。

 やはり、政治の中身を変える―国民の命と暮らしを守ることが中心になる政治に変える改革が今、強く求められていることを私は、痛感しました。今日聞いたことは早速、県政に反映していきたいと思います。

 

 

厚東川通信No236(2008年9月1日号) [2008/09/02 火 PM 05:55]

藤本県議の故郷、宇部市吉部で開催

 

農業の再生を考えるシンポジウム

 

中林元衆議院議員が展望を語る

 

 八月十日、吉部ふれあいセンターで、農業の再生を考えるシンポジウムが開かれ、保守系市議や宇部市農業委員を含め六〇名で成功しました。
 宇部市楠北土地改良区理事長の田中貞夫さんは、「やまぐち棚田保全モデル実証事業」を例に「何らか農業の発展のために施策に生かされているのか疑問」と語りました。
 宇部市楠総合支所経済課長の森部実喜さんは、「行政として、担い手対策と経営対策に取り組んでいるが、決め手に欠けている点があることは否めない」と話しました。
 元宇部市議で農業青年の山村通弘さんは、「市職員にとにかく農家に直接足を運んでもらって実情は把握してほしい」と要望しました。
 中林よし子元日本共産党衆議院議員は、「日本の自給率の低さは異常だ」と強調しました。そして、食料自給率を高めるためどうしたらよいかについて「日本共産党の農業再生プラン」を元に話しました。

DSCN0987.JPG

吉部で行われた農業の再生を考えるシンポジウム
 

知事と議長は防衛相就任

 

祝賀会の主催者になるな

 

 八月二十二日、日本共産党県委員会(山本丈夫委員長)と日本共産党山口県議会議員団(水野純次団長)は、島田明議長と二井関成知事に、「防衛大臣就任祝賀会」の主催者を辞退するよう求める申し入れを行ないました。
 島田議長あての申し入れには、木村県議会事務局長が対応しました。申し入れに対し、木村局長は、「申し入れの主旨は、議長に伝える」「当日は、公務で議会事務局の職員が数名対応する予定だ」と答えました。
 二井知事あての申し入れには、岡田総合政策部長が対応しました。岡田部長は、「申し入れの主旨は、知事に伝える」「当日は、公務で、県職員が数名対応する予定だ」と答えました。
 県議団は、「当日、公務での職員派遣は、他県の状況や法律の観点から、行うべきではない」と重ねて質問しました。これに岡田部長は、「申し入れの内容は、知事に伝え、協議する」と答えました。

 

県議会報告シリーズ④愛宕山開発計画について

 

 藤本県議は、六月県議会において、岩国市の愛宕山開発計画について、「跡地は米軍住宅にはしないとの見解を明らかにすべきだ。」と二井知事に質問しました。二井知事は、「国との交渉過程で、『事業の赤字解消』を最優先にして、『市が提案するまちづくり』や『周辺環境対策』に十分配慮する方針のもとに、国が買い取った後は、地元住民の理解を得て土地利用を図っていただくよう、最大限の配慮を求めていく」と答えました。

 

一気

 

福田首相が一日夜、首相を辞任する意向を表明しました。自公政権としては、安倍晋三前首相に続いて二代続けての政権投げ出しです。自民党政治の末期的姿を象徴するものであることは確かなようです。辞任の原因の一つは、自衛隊のインド洋派兵継続に固執する新テロ特措法延長法案が成立の見通しが立たなくなったことがあるようです。国民の声に背を向ける政権に未来がないことがはっきりしました。しかし、自民党は、首相の首を挿げ替え旧態依然の政治を強行するのでは国民の信頼を得ることは出来ません。福田首相の元で6月に発表された骨太方針二〇〇八では、社会保障費2200億円削減と消費税増税が中心に座ったものです。アメリカと大企業に奉仕する自民党の基本路線ー「構造改革路線」の踏襲では国民の怒りを押えることが出来ません。