環境と福祉の充実を目指して

月別バックナンバー [ 2008年 09月 ]

厚東川通信No238(2008年10月1日号) [2008/09/30 火 PM 06:43]

第三回憲法9条を学ぶ市民講座

 

雨宮処凛さんが語る

 

シルバーふれあいセンターに250人

 

 九月二十日、憲法と暮らしを守る宇部地域共同センターが主催した雨宮処凛講演会が宇部市シルバーふれあいセンターで開催されました。講演会には、県内各地から二五〇名の参加者があり大盛況でした。
 講演は、ローカルユニオン宇部松富豊委員長をインタビュアーに進行しました。
 雨宮さんは、蟹工船と現代の状況は酷似していると言います。ある派遣労働者は、一日七千七百円の賃金と言われながら、部屋代や服代などを引かれて、残りは五二〇円という状況だと言います。まさに、現代の派遣労働者の状況は、蟹工船の時代と同じだと語りました。
 後半は、参加者から雨宮さんに、質問も積極的に寄せられました。子どもさんが不登校だった経験を持つ女性、学費の高さに苦しむ学生、雨宮さんと同世代の女性として生きづらさを語る女性などから質問が相次ぎました。

DSCN1065.JPG

 会場一杯の市民に語りかける雨宮処凛さん

 

大臣祝賀会への職員派遣は中止 

 

 定例記者会見で、県選出の国会議員が大臣に就任した際、県や県議会など地方六団体と自民党の主催で開いている就任祝賀会について、二井知事は、政治的な中立性に指摘があるとして、今後は県職員を公務で派遣しない方針を明らかにしました。また、県が共催することも、今後検討する考えを示しました。
 藤本県議は、今年二月議会で、独自に中国五県を調査した結果も明らかにしながら、「中国五県では、県が主催者になることも、県職員がスタッフとして参加することもない」と指摘しました。その事実を岡田総合政策部長も認め、今後については、「その都度、他の団体や関係政党と協議したい」と答えました。
 日本共産党県委員会と県議団は、八月二十二日に、防相祝賀会に県が関与するのは、「県民感情からも、憲法・地方公務員法からも許されない行為」と、知事に申し入れを行っていました。

 

藤本県議が3日に一般質問で登壇

 

 藤本県議は、九月県議会で三日(金)に一般質問で登壇する予定です。質問の項目は左記のとおりです。
 1、雇用問題
 2、雇用促進住宅廃止問題
 3、消防広域化問題
 4、農業問題
 5、阿武火山群の保全
 傍聴ツアーを企画しています。傍聴を希望の方は、藤本一規生活相談所・有田所長(〇九〇-八二四四-三〇四二)までご連絡下さい。

 

一気

 

官房長官に就任した河村議員が代表を務める「自民党山口県第三選挙区支部」が、談合事件で摘発された企業や法人から問題発覚後も計四百十万円の寄付を受け取っていたことが判明しました。河村長官は、記者会見で、献金の事実を認め、献金を返還する考えを示しました▼河村氏は、「違法性」はないといいますが、不明朗な献金であり、河村氏の「政治とカネ」への姿勢が問われます。同時に、河村氏は、内閣のかなめの官房長官ですので、内閣そのものの「政治とカネ」の姿勢が問われています。河村氏は、官房長官として、私たちの代表としてふさわしいか有権者に訴えたいと思います▼企業・団体献金を禁止し「政治とカネ」の問題に決着を付ける時です。決着を付けることが出来るのは、日本共産党だと言うことを有権者に訴えたいと思います。

 

ガイドック冒険学校 [2008/09/30 火 PM 06:32]

 我が家の子どもたちは、原康司さんが主宰されている「ガイドック冒険学校」に通っています。原さんは、20歳から自転車北米大陸横断、アマゾン川カヤック単独下降、アラスカ・ベーリング海1700キロ単独航海などを成功させてきた冒険家です。現在は、周南市にアウトドアショップを営むかたわら、平生町の佐合島で冒険学校を設立し、子どもたちに海の素晴らしさを伝えておられます。

 保育園の方の紹介で知り、長男は、学校が開設された当時から参加しています。今年から次男も参加しています。

 長男・次男が9月23日には、佐合島周辺のビーチクリーン(海の清掃)に参加しました。27日、28日の土日は、佐合島に宿泊しました。土日は、釣りをしたり、カヌーをしたり楽しい二日間だったようです。 この3日間は、NHK(東京から)の取材班が一緒だったようです。12月29日9時過ぎからその様子が放映されるとのことです。長男は、取材班の人たちに「給料はいくら位ですか?」と質問したそうです。次男は、「将来何になりたいですか。」などのインタビューを受けたそうです。これもいい経験でしょう。参加者は、県下各地から15人の子どもたちが集まっていたそうです。これもいい経験でしょう。

 私は、日曜日の夕方、JR宇部駅に迎えに行きましたが、二人とも、とてもいい笑顔で戻ってきました。

 親として、子どもたちに少しでも多くのいい人といい自然との出会いの機会を与えてやりたいと思います。

 

学校の統廃合について [2008/09/29 月 PM 10:31]

 宇部市PTA連合会第三回常任理事会に出席しました。そうです私は、今年度、連合会の幹事なのです。

 今日の会議で大きな議論になったのは、学校の「適正配置」の問題でした。宇部市では、小中学校において小規模校(12学級未満の学校)を統廃合しようという議論が進められています。

 この背景には、閣議決定された、2010年までの「1万人の教員削減」(骨太方針2006)があります。そして今年に入って政府は閣議で、「学校の適正配置」を決定しました(骨太方針2008)。文部省の中央教育審議会は、統廃合を進めるための新しい基準づくりをすすめています。このような中、全国で、学校統廃合の波が押し寄せています。

 県内では、高校もそうですが、小中学校での統廃合が大きく進められようとしています。

 日本共産党は、学校統廃合計画の是非についいて次の3つの点を基準に判断することを基本にしています。

 ①その学校統廃合が、子どもの教育にプラスかマイナスか。

 ②学校は単に子どもの教育にとどまらず、その地域にとって独自の役割があります。この観点からみて計画はどうか、ということです。

 ③学校の統廃合は、行政が一方的にすすめてはならず、徹底した住民合意が欠かせないということです。

 また、文部科学省は、昭和48年に「公立小・中学校の統合について」という通達を出しています。この通達には、統廃合問題を考える3つの視点が提起されています。

 ①通学距離及び通学時間の児童・生徒の心身に与える影響、児童・生徒の安全、学校の教育活動の実施への影響等を十分検討し、無理のないよう配慮すること。

 ②学校統合を計画する場合には、学校の持つ地域的意義等をも考えて、十分に地域住民の理解と協力を得て行うよう努めること。

 ③統合後の学校の規模が相当大きくなる場合や現に適正規模である学校について更に統合を計画するような場合は、統合後の学校における運営上の問題や児童・生徒への教育効果に及ぼす影響などの問題点をも慎重に比較考慮して決定すること。

 財政の理論だけで、安易に強行してはなりません。今こそ「米百俵」の精神に立ってこの問題は慎重には慎重を期して対応すべき問題です。

 これらの視点が宇部市での議論で生かせるようにしていきたいと思います。

一般質問の第一稿が出来ました。 [2008/09/28 日 AM 10:33]

 今朝、一般質問の第一稿が出来ました。6000字を超えたので、約500字削りながら、内容の精査を行い、明日朝には、私の原稿案を県議団事務局に提出したいと思います。

 さて、中山国交大臣が相次ぐ暴言の責任を取り辞任を決めたようです。わずか4日の大臣。就任期間の短さも暴言の中身も私が政治に関わるようになってこの20年間で最悪だと思います。

 中山国交大臣は、自民党が国民から見放されようとしている状況が分かっているのでしょうか。国民の感情より、自らのイデオロギーを優先させたのなら、大臣失格は当然です。

 発足したばかりの麻生内閣ですが、暴言だけではなく、「政治とカネ」がらみの疑惑も相次いでいます。先日ブログに書いた河村官房長官に続き、小渕少子化担当大臣、中川財務・金融大臣、そして、中山国交大臣が、指名停止や談合で排除勧告を受けた企業から献金を受けていたことが明らかになりました。

 発足当初からの相次ぐ閣僚の問題発覚に、首相の任命責任が問われることは免れません。

 臨時国会で、これら問題をしっかり解明していくことが重要です。

昨日のアクセス数573件 [2008/09/27 土 AM 06:46]

 我がブログに昨日は、573件のアクセスをいただきました。これまでの最高は、今年の6月20日568件だったので、昨日のアクセス数が過去最高となりました。

 要因の一つは、議会中ということで、県職員の皆さん方のアクセスが増えたことがあると思います。もう一つは、総選挙も近い状況から、注目をいただいているのかも知れません。

 それと、毎日更新に努めていることも要因の一つかも知れません。

 今後も奢らず、焦らず、阿らず、マイペースで、私なりの情報を発信していきたいと思います。

 今日・明日は、議会外の用事は最小限にして、一般質問の原稿書きに集中したいと思います。

 昨日、提出した一般質問の項目は下記のとおりです。

 1、雇用問題

 2、雇用促進住宅廃止問題

 3、消防広域化問題

 4、農業問題

 5、阿武火山群の保全

 今議会の登壇予定は、10月3日(金)の午前11時頃の予定です。

 傍聴ツアーを企画しています。傍聴を希望の方は、有田所長(090-8244-3042)までお願いいたします。

 現在、原稿は、消防広域化問題の所までほぼ書きました。この土日で、第一稿を仕上げたいと思います。

 また、厚生委員会に向けての資料請求を月曜日に出せるようにも準備します。

 担当職員の方々には今議会も、県民福祉の向上のため、ご協力よろしくお願いいたします。

河村官房長官が談合企業から献金 [2008/09/26 金 PM 07:40]

 「やっぱり、この人もか!」の感です。

 官房長官に就任したばかりの河村建夫議員が代表を務める「自民党山口県第三選挙区支部」が、2004年から06年にかけて、談合事件で摘発されるなどした企業や法人から問題発覚後も計410万円の寄付を受け取っていたことが判明しました。

 河村長官は、記者会見で、献金の事実を認め、献金を返還する考えを示しました。このほかにも、介護給付金を不正に受給したとして山口県から行政指導を受けた社会福祉法人から約12万円の献金も受け取っていました。

 河村氏は、「違法性」はないといいますが、不明朗な献金であり、河村氏の「政治とカネ」への姿勢が問われる問題です。おまけに、河村氏は、内閣のかなめの官房長官でもありますので、内閣そのものの「政治とカネ」の姿勢が同時に、問われています。

 山口3区は、日本共産党北南地区委員会が担当する地域です。河村氏が起こしたこの問題は軽視できません。河村氏は、官房長官として、私たちの代表としてふさわしいか有権者に問うていきたいと思います。

 更に、河村氏の問題の進展次第では、申し入れを行うなど具体的な対応も必要かと思います。

 企業・団体献金を禁止する。政党助成金をなくす。この改革で、「政治とカネ」の問題に決着を付ける時です。決着を付けることが出来るのは、二つのお金に縁がない日本共産党ではないでしょうか。このことも同時に痛感する事件です。

ついに、県内で、事故米流通の事実が発覚 [2008/09/25 木 PM 03:20]

 先ほど、県環境生活部生活衛生課から「非食用の事故米穀の県内への流通について」というFAXが我が家に届きました。

 内容は、「昨日、すぐる食品(株)から納品を受けた食品卸売業者から、事故米が含まれた可能性のある米でん粉を使用した食品を県内の学校等に納品し、現在、回収している旨の自主報告がった。」というものです。

 対象商品は、すぐる食品の11品目。対象施設は、学校、福祉施設、医療施設等約100施設。事故後の対応としては、回収をすすめているが、ほとんど消費済みの状況となっているようです。

 県の対応としては、「当該施設に情報を提供し、残存品がある場合は使用の中止を要請し、回収状況を確認する」「関係施設に立入調査するとともに、今後更に、情報収集に努め、関係部局と連携して、適切に対応する」としています。

 この間、数々の事故米の流通の報道がありましたが、山口県への影響はありませんでした。ついに県内にも影響が出ました。儲けを第一にして、消費者の健康を後回しした業者の責任は極めて重大です。県民の食の安全確保のため、今回の事案を県は徹底的に解明すべきです。

 その上で、汚染米と分かっていながら流通にまわした農林水産省の責任も極めて重大です。同時にその根本には、年間77万トンもの米をミニマムアクセス米と称して必要もないのに輸入しつづけた問題があります。

 このミニマムアクセス米の問題では、中林よし子元衆議院議員の活躍が重要です。99年11月10日の衆議院農林水産委員会で、中林議員(当時)が、玉沢大臣に「WTO協定にミニマムアクセス米を全量輸入しなければならない規定はどこに書いてあるのか」と質問しました。玉沢大臣は、「ないと確かに。」と答えています。

 日本の農家には減反政策を強いて、義務でもない米の輸入を続けた国の責任は重大です。また、その輸入した米の中に汚染米が入っていたことを野放しにしていた国の責任は重大です。

 国は、この二つの点を猛省し、これまでの政策を転換し、食料自給率向上と食の安全確保のために力を尽くすべきです。

9月県議会が開幕しました。 [2008/09/24 水 PM 06:25]

 今週から宇部市内で、総選挙勝利を目指す日本共産党の支部と後援会の早朝宣伝が始まりました。月曜日は、運動会のため欠席、火曜日は祝日のため休みでしたので、今日から早朝宣伝に参加しました。

 今日は、岡本市議、そして地元の後援会の皆さん一緒に、マイクを握りました。久々の早朝宣伝でしたが、気合が入り、気持ちよく訴えることができました。今日、麻生総理が誕生したようですが、政治の中身を変える改革を訴えて頑張ろうと決意が漲ります。明日は、琴崎八幡宮前で時田市議、地元の後援会の皆さんと一緒に宣伝を行います。

DSCN1110.JPG

    後援会の皆さんと宣伝をする岡本市議

 マイクを置いて、県庁に直行し、10時からの9月県議会に出席しました。

 二井知事の議案説明が行われました。当選後初の議会と所信が語られましたが、「正直さを貫く」という言葉が出たこと以外に、新鮮さを感じるものではありませんでした。

 県政でも政治の中身を変える改革が必要だと痛感します。

 提案された議案の内、平成20年度一般会計補正予算は、一部で、私たちが主張してきたことが反映されたものとなりました。一つは、漁業者に対する燃油高騰対策です。この問題は、水野議員が先の議会で追及していました。岡山県では、燃油高騰分を直接助成する制度を創設しました。山口県は、省エネのエンジンを搭載することに対する助成ということで、不十分さは感じますが、制度が創設されたことは一定評価できます。

 補正予算に私たちの主張が反映された二つ目は、65歳以上の重度障害者が、後期高齢者医療に加入しなかった場合でも医療費助成の対象とする措置の予算化です。この対応は、8月1日から実施されましたが、ようやく予算化が実現したものです。

 この問題に対する私のこだわりは、私のブログを長い間読んでいただいている方にはよく分かっていただけると思います。私は、後期高齢者医療制度への強制加入の問題点を、腎友会の方々からお聞きし、主には、今年の2月県議会の厚生委員会で追及してきました。加入の強制は、全国で10都道府県しかないことが、マスコミで報道されたり、障害者団体の粘り強い運動があって、ようやく、知事が、6月県議会で改善を表明しました。

 「県民の苦難を取り除く」これが、私たちの立場です。この立場にしっかり立脚して、今議会も大いに県民の立場で発言を続けていこうと思います。

我が家の稲刈りが終わりました。 [2008/09/23 火 PM 07:47]

 今日は、午前中、雨宮講演会のチケットを預けていたプレイガイドを回りました。

 午後は、阿武北広域農道の建設現場から火山灰がしゅう曲して堆積した場所を発見された山口大学の永尾准教授 の研究室を訪ね、お話しをお聞きしました。

 永尾先生が現場で蒐集された大きな火山弾を見せていただきました。これだけ大きい火山弾は、国内では珍しいという事でした。

 私も現場で蒐集した火山弾と思われる石をを先生に見ていただきました。先生から「火山弾です。」とお墨付きをいただきました。

DSCN1104.JPG

見せていただいた火山弾は、直径50センチほどでした

 永尾先生は、現地の地層は、ジオパークに指定される見込みがある貴重な地層であることを強調されました。現地の地層を何らかの形で残すべきと主張されました。

 私は、山口県の財産として、後世に残すべきだと痛感しました。9月県議会では、その手助けが出来ればと思います。

 長尾先生にお会いした後、実家に直行し、親戚の方の援助を受けて、稲刈りをしました。昨日、私は、運動会延期のために手伝えませんでしたが、親戚の方に、二つの田の稲刈りを済ませていただきました。

 今日の最後の田の稲刈りには何とか間に合いました。

 昨年は、議会と重なり、稲刈りは全くできませんでしたが、今年は、田起こし、田植え、稲刈りと全てに関わることができました。

 稲刈りが終わるころ、白鷺が遊びに来ました。珍客に癒されます。

 父のバトンを受けて2年目の秋が終わろうとしています。来年も母の手助けをしながら3年目の耕作に励もうと思います。

DSCN1105.JPG

親戚の方の援助を受けて作業は順調に進みました

DSCN1107.JPG

私もコンバインに乗り今年の稲刈りが終わりました

DSCN1109.JPG

作業の終わりの頃、一羽の白鷺が遊びにきました

西宇部小運動会が今日行われました。 [2008/09/22 月 PM 09:11]

 今朝は、朝6時に小学校に向かい、一日延期された西宇部小学校運動会に参加しました。校長先生と、本日の運動会の実施を決め、6時半からの開始の号砲(花火打ち上げ)に立会いました。そして、先生方と所々に残る水溜りに真砂土を撒いたり、たるんだ万国旗をひっぱったりしました。PTA役員も、早出です。駐車場の線の引きなおしを皆で行うためです。そして、当初の集合時刻となり、まず、駐車場の担当の方々が配置につきます。

 そして、予定通り、9時20分に運動会に、これも花火の号砲とともに始まりました。妻は仕事の為、唯一の親として、参加している3人の子どもたちの演技を応援しながら、PTA競技が来るのを少々緊張しながら待っていました。PTA競技の前には、恒例のPTA会長あいさつがあるのです。今年から会長の私は、初めてのあいさつです。 私は、「月曜日の運動会となりましたが、参加者の皆さん方が二人分の応援をお願いします。」と訴えました。

 今年の運動会のスローガンは、「なかまを信じて助け合い、西宇部っ子パワーばくはつだ!」でしたが、スローガンに合致する運動会にすることができたと自負しています。

 子どもたちも助け合いましたが、PTAも助け合いいい運動会が出来たと自負しています。

 全ての行事が終わり、テントの後片付けなどを行い、午後4時に解散することができました。私の万歩計は、約2万歩になり、今日の充実度は上々でした。

DSCN1077.JPG

1・2年生の集団演技(3男は、左手後ろにいます)

DSCN1093.JPG

3・4年生の集団演技(2男は、旗の一つを持ちました)

DSCN1095.JPG

5・6年生の集団演技(長男は、左手後ろで演技しました)