環境と福祉の充実を目指して

月別バックナンバー [ 2007年 04月 ]

厚東川通信No204(07年5月1日) [2007/04/23 月 PM 03:51]

宇部市議選5名全員当選

県議選より得票86票伸ばす

 

 四月二十二日投票で行われた宇部市議会議員選挙で、日本共産党は、五名全員の当選を果たすことができました。市議戦では、県議選で藤本県議が獲得した票を八十六票伸ばしました。この選挙戦で寄せられたご支援に感謝いたします。日本共産党は、選挙戦で掲げた「ムダを見直し福祉・教育の充実を」の公約実現のために全力を尽くします。


日本共産党候補の得票
真鍋恭子 1941
時田洋輔 1818
岡本公一 1749
大野京子 1700
荒川憲幸 1680

DSCN0278.JPG

   支援者と一緒に当選を喜ぶ市議候補

JR妻崎・長沢駅のトイレ復活を

 

 「JR小野田線妻崎駅・長沢駅のトイレが閉鎖されて困っている」という声が、藤本県議に寄せられました。
 藤本県議は、県地域振興部交通運輸対策室を通じてJRに改善を求めました。JRは、県を通じて「現在稼動しているトイレについては、五月から宇部市シルバー人材センターに清掃を委託するようにしている。現在は、直営で清掃しているので、改善に努力したい。」と藤本県議に回答を寄せました。藤本県議は、トイレの復活を引き続き、JRに求めていきます。

有帆川河床の木、伐採を要望

 「有帆川の河床の木が大きくなり、洪水被害が心配」という住民の指摘を受け、藤本県議、山村市議が、県宇部土木建築事務所に要望を伝えました。
 要望のあった場所は、国道2号船木大橋の北側です。木は堤防の高さを越えるまでに大きくなっています。
 藤本県議らの指摘に対して、同土木建築事務所所長は、「立木は、流れを阻害すると認識している。現地を調査し、今年度内の対応を含めて検討したい。」と答えました。

DSCN0264.JPG

    有帆川・国道2号船木大橋北側付近

一気


県議選での勝利に続いて、市議選で五名全員当選を果たすことができました。ある陣営の幹部が、勝利の三つの要因を語っていました。一つは、候補者の頑張り。二つは、陣営の頑張り。三つは、全県の支援▼特に、三つ目は、今度の選挙の特徴でした。一斉地方選挙の日程が大幅に変わり、一斉地方選挙後半戦の内、最大の都市での選挙は、宇部市だと言うことで、全県の支援をいただきました。この体験は、私も初めてで、県下各地からの献身的な支援に頭が下がりました▼私も、住民要求の実現、街頭宣伝、電話がけと奮走しました。桜は葉桜になりましたが、宇部市の日本共産党にようやく春が来ました。少し休息して、さあ、夏の参議院選挙に向けてダッシュです。

厚東川通信No203(2007年4月15日) [2007/04/10 火 PM 10:17]

ご支援に感謝し、公約実現に全力を尽くします

日本共産党山口県委員長 山本丈夫

 

 いっせい選挙前半戦の県議選で、水野純次、藤本一規さん両現職の再選を果たし、岩国で久米慶典さんの議席奪還で三議席を獲得することができました。念願の県都山口市での議席には一歩及ばなかったことは、残念であると同時に大変申し訳なく思います。党員、後援会員のみなさんの昼夜を分かたぬご奮闘に敬意を表し心から感謝いたします。また大きなご支援をいただいた有権者のみなさんにお礼を申し上げます。
 自・公の安倍政権のもとで、庶民への大増税、負担増が新年度から新たに襲ってきます。本来、住民の防波堤として暮らしや福祉を守っていくべき県政が、国のいうままで住民いじめの一方、不要不急の大型公共事業への税金のムダづかいはやめようとしない。議会も共産党を除くオール与党でこれを後押しする。選挙戦ではこうした県政に「福祉の心」をとりもどそうと訴えましたが、本当に切実な強い共感が得られたと実感しました。三人に前進した県議団で、公約実現に全力をつくします。岩国では艦載機移転反対の住民の意思が久米県議の返り咲きではっきりと示されました。国の理不尽な仕打ちに追随する二井県政への強い怒りと批判の意思だと受け止めています。改憲の問題もこれからが正念場ですが、平和を願う県民の心は健在だと確信しました。暮らしでも平和でも、党派を超えた連帯したたたかいが今ほど必要な時はありません。議会内外で真剣にとりくみます。ひきつづき後半戦でのご支援をよろしくお願いいたします。

 

日本共産党宇部市議立候補者一覧

 

日本共産党宇部市議選候補者一覧
☆荒川憲幸(あらかわ のりゆき)
 担当小学校区 東岐波・西岐波・常盤
☆大野京子(おおの きょうこ)
 担当小学校区 小羽山・新川・鵜の島・藤山
☆岡本公一(おかもと こういち)
 担当小学校区 恩田・岬・見初
☆まなべ恭子(まなべ きょうこ)
 担当小学校区 厚南・西宇部・黒石・原・厚東
☆時田ようすけ(ときた ようすけ)
 担当小学校区 上宇部・琴芝・神原・川上・小野・二俣瀬・船木・万倉・吉部

 

こころの医療センターの道路残して 

 

 県立こころの医療センターの建替えがすすんでいます。この建替えのために、海岸線から工事用道路が建設されました。この道路は、独立行政法人山陽病院の土地を県が地代を払って使用しています。地元自治会から建替え完了後も、引き続き道路を使用させてほしいという要望が出ています。
 藤本県議は、要望を病院側に伝えました。白石事務局長は、「作業用道路が、今後とも利用できるよう、山陽病院とも協議したい。」と答えました。

 

一気

 

三期目の当選を果たすことが出来ました。自分自身、悔いのない闘いができたと思います。選挙が終わり、清々しい気持ちです▼投票日の翌日、小学校の入学式がありました。出会う、教職員やPTAや地域の方々から激励をいただき、多くの方に支えられた成果だったと実感しました。あいさつに行った年配の方が、涙を流しながら「よろしく頼みます」と言われました。ムダを見直し、福祉と教育を守る」の公約実現に全力を尽くす決意です▼この選挙、吉部から大きなご支援をいただきました。独自の後援会も出来、実務や、演説会の組織に頑張っていただきました。当選後、父の仏前で手を合わせましたが、父が築いた地域のつながりに感謝しています。