環境と福祉の充実を目指して

前略 橋下知事 [2008/02/06 水 PM 11:02]

 本日、厚生委員会の県内視察から帰ってきました。一番印象に残ったのは、山口市にある「子ども発達支援センター愛」の視察でした。障害者自立支援法の導入によって、年間800万円の減収となっているそうです。利用者の負担も最大で、20倍の人が生まれ、負担増により通園を控える子どもが4人から5人生まれているといいます。また、食費の自己負担により、親に「「食事出さないでください。」と言われるのが困るとおしゃっていました。

 広島県や福岡県では、食費に対する独自助成があり、山口県でも同様の制度を導入してほしいとの要望を受けました。

 施設見学の途中に施設長の先生に詳しくお聞きすると、一昨年の11月に、二井知事に対して、山口県知的障害者福祉協会児童通園部会から、食費の自己負担の軽減などの要望書が出されていることがわかりました。要望団体には、宇部市のつくし園もあります。更に詳しい状況をお聞きし、今月末から始まる県議会で大いに発言したいと思います。

 視察の後に、山田洋次監督の映画「母べえ」を観ました。治安維持法で父が逮捕され、獄中で亡くなってしまう家族の物語です。父べえ滋の妹久子も原爆で死んでしまう。山崎も戦争で死んでしまいます。映画の中で、贅沢品撲滅運動なども出てきますが、まさに国家総動員で戦争にいかに突入していったのかが分かります。

 大阪府知事に当選した橋下徹氏は、「国防に自治体が異議を唱えるのはおかしい。」と発言しました。橋下知事には、是非、「母べえ」を観てほしいと思います。

 あの戦争とは何だったのか、その苦難の上に出来た日本国憲法の意味。橋下知事には、憲法が言う「戦争の放棄」「地方自治」について、この映画を観て考え直していただきたいと思います。

 そうしないと、歴史を繰り返すことになります。

 さて、映画の観覧中に、自宅から携帯に電話が入りました。終わってすぐに電話をすると、三男の手が腫れているということでした。整形外科の当番医である宇部記念病院でに行き、レントゲンを撮っていただき異常がないことがわかりました。明日は腫れがひくといいのですが。

 今日も激動の一日でした。父べえを演じた坂東三津五郎さんが、パンフレットのインタビューで「一番気づかないけれど、一番失って大きいものは、ありふれた日常です」と述べておられましたが、この言葉が心に沁みる一日になりました。

ちょい太でだいじょうぶ [2008/02/05 火 AM 06:35]

 「なげださない」以来、鎌田實さんの本を読んでいます。今は、「ちょい太でもだいじょうぶ」。あの鎌田さんでもと言ったらご無礼でしょうが、朝「がんばらない筋トレ」を続けておられるそうです。スクワット、腕立て伏せ、その他ストレッチ。

 実は、先日の東京出張(政府交渉)で、帰りの飛行機は一人であったこともあり、飛行機内のカタログショッピングで、「柔軟クッション」を注文してしまったのでした。少々武道をしていまして、「柔軟」は永遠の課題。ついつい購入してしまいました。

 鎌田さんの本にも触発されて、今朝から、このクッションを使って柔軟と筋肉トレをはじめました。1月末から岩国の選挙もあり、スケジュールがタイトになりました。空手教室にも行けず、太極拳の先生は中国へ帰省中。正月中のカロリー過多も重なり、運動したいというパッションが湧いてきます。

 「がんばらない」けど「あきらめない」・「なげださない」。この鎌田精神で運動を継続できたらと思います。

 今日明日は、県議会厚生委員会の県内視察。明後日明々後日は、岩国の応援です。ストレッチ・筋トレのパンフレットをカバンにしのばせて、朝の運動を続けることにいたしましょう。

後期高齢者医療制度改善を求める署名提出 [2008/02/04 月 PM 10:59]

 「後期高齢者医療制度」の中止・撤回を求める宇部市連絡会(倉本喬会長)は、四日、山口県後期高齢者医療広域連合議会議長に対して、後期高齢者医療制度の実施にあたっての請願署名の提出を行いました。署名は、昨年11月から取り組まれ、3680筆が提出されました。
 署名提出には、棟久和成山口県後期高齢者医療広域連合議会事務局長が対応し、請願事項に対する見解を示しました。請願の中で、低所得者に配慮し減免制度を設けてほしいという要望に対して、棟久議会事務局長は、「広域連合では、現在、低所得者への減免は検討されていない。」と答えました。しかし、「医療費の一部負担金の減免制度は導入するのか。」との質問に対し、「現在検討中だ。」との見解が示されました。また、運営委員会を設置するようにとの要望に対して、棟久議会事務局長は、「現在の懇話会は、三月末で終了するが、次期料金改定時には、新しい組織を立ち上げたい。」との見解を示しました。

DSCN0731.JPG

  署名を議会事務局長に提出する倉本会長

昨日、岩国市長選告示 [2008/02/04 月 AM 08:50]

 昨日、岩国市長選が告示されました。私は、終日、岩国市をめぐりました。朝7時30分JR宇部駅を出発。山陽本線をひた走り9時30分過ぎに岩国駅に到着。午前中は、「住民投票」を力にする会の総行動に参加しました。メガホンとプラスターを持って新日本婦人の会の方々とJR岩国駅周辺を宣伝して周りました。「孫子に誇れる選択を」のフレーズには力が入りました。

 午後は、周東に移り、元町議の高岡さんと後援会員さん宅を訪問。途中、高岡さんが育てておられる山羊を見させていただきました。生まれたばかりのA子・B子の双子の山羊に心癒されました。

 6時まで行動し、急いで高森駅まで送っていただくと、電車は出たばかりで、1時間待ち。しかたがないので、駅前で唯一開いていた焼肉屋さんで食事を取りました。最初は、ホルモンをたのみ、次に、カルビを。とっても厚切りで、「いいお肉ですね。」と大将にお尋ねすると、「地元の高森牛です」とのこと。やわらかくて最高の牛肉でした。やはり地産地消ですね。そして、7時の電車に乗って、岩徳線から山陽本線を経由して、宇部駅に9時過ぎにたどりつきました。

 選挙応援とはいえ、心も体も和む一日となりました。

 今日は、午後、後期高齢者医療制度の改善を求める署名を山口県の広域連合に提出します。

DSCN0726.JPG

 高岡さんの山羊(母のモモ子と子どものA子とB子)

後期高齢者医療制度の学習会は盛況 [2008/02/02 土 PM 09:19]

 今日、「後期高齢者医療制度」の中止・撤回を求める宇部市連絡会が、岡山県後期高齢者医療広域連合議会議員の田辺昭夫さん(日本共産党倉敷市議)を招いて学習会を開きました。小雨の中、100名以上の参加者が会場を埋めました。

 田辺さんは、この制度の元になっている高齢者の医療の確保に関する法律の目的に、「医療費の適正化」と書かれてあることを紹介し、「この制度は、高齢者の医療費を抑制することが目的だ」と指摘しました。

 田辺さんは、岡山県の広域連合議会で毎回発言し、「低所得者への独自の減免制度」「医療費の一部負担金の減免制度」「検診への県独自助成」などが実現できたと紹介しました。

 参加者からは質問や発言が相次ぎ、ある80代の男性は、「人が長生きするのを妨害する制度だ」「こんな制度を通したら後世の人に申し訳ない」と発言しました。

  さて、田辺さんは、私の大学の先輩です。議員になったのも同時期で、党の会議や各種学習会などでお会いし交流を深めてきました。昨日も日本共産党宇部市議団とともに会食しました。学習会後、私が新山口駅まで送っていきました。今回も大いに交流を深めることが出来ました。

 田辺さんを送っていく車の中で、ブログが話題になりました。田辺さんから、「議員サイトランキング」というブログがあり、「藤本君のブログは、山口県の議員・首長・政党・会派サイトアクセスの一日平均で三番目だよ」と教えてもらいました。

 先ほど、そのブログにただりつき見てみますと、本当に私のブログのサイトアクセス(一日平均)が、県内で、3番目でした。一位が、井原勝介前岩国市長で、一日平均366.0。2位が久保田后子県議で、一日平均298.3。3位が私で、一日平均95.8となっていました。

 まだまだ至らないとお叱りを受けることの多い私ぼブログですが、この結果を励みに、今後とも日々の更新と少しづつの向上を目指していこうと思います。今後とも私のブログへのご愛顧をよろしくお願いいたします。

DSCN0723.JPG

 多くの参加者が田辺議員の話しに耳を傾けました

輸入食品検査体制を抜本的に拡充・整備する時 [2008/02/01 金 PM 02:31]

 先ほど、中国産冷凍餃子に関する県民からの相談状況等についてというFAXが、県生活衛生課長から送られてきました。

 1月30日から本日午前中までに中国産冷凍餃子等に係る県民からの相談は、23件あったということです。内訳は、中国産冷凍食品に対する不安9件、中国産冷凍餃子の確認8件、健康に関する相談3件、輸入食品に対する不安・問い合わせ2件、保管している中国産冷凍餃子の取扱い等1件となっています。

 喫食による健康に関する相談の内容は、山口の例は、喫食した食品が特定できず、本人はすでに快復しているということです。防府の例は、念のために喫食した同一食品の検査を実施するということです。宇部の例は、自主回収対象となっている工場での品物ではないが、念のため喫食した同一食品の検査を実施するということです。

 県内でも県民の不安が広がっています。様々な相談は、各健康福祉センター生活衛生課食品衛生班までお願いします。

 この問題の背景には、輸入食品の検査の不十分さがあります。本日の赤旗によると2007年度で、厚生労働省の残留農薬検査の実施計画が200万件近くある輸入食品などの届出のうち、残留農薬検査は約2万6千400件にとどまっていることがわかりました。

 日本共産党国会議員団農水部会長の紙智子参議院議員は、「輸入食品の検査率を引き上げ、食品衛生監視員を増やすなどの検査体制を抜本的に拡充・整備することが必要です。」と述べています。

岩国市長選挙の応援に行きました [2008/01/31 木 PM 10:39]

 今日は、朝から岩国市に行って、井原前市長支援のために、お寺など宗教者の方々と対話をしてきました。門徒さんの中には様々な立場な方がいるので、立場は明らかにできないという方々がほとんどだったのですが、多くの対話ができました。ある小さなお寺を守っておられる女性の方からは、「米兵犯罪で泣き寝入りしている人がいるのではないか。この問題を大いに訴えてほしい。」などの意見を聞きました。

 私は、「自分は、投票することができないが、山口県の平和と安全の維持のために、ぜひ協力してほしい。」と最後に訴えました。いよいよ、告示を迎えますが、私は、告示日以降も可能な限り、岩国市に足を運ぶ予定です。

中国産冷凍餃子による健康被害の発生について [2008/01/30 水 PM 10:48]

 今日、帰宅してみると我が家に、県生活衛生課長からFAXが届いていました。「中国産冷凍餃子による健康被害について」です。

 JTフーズが輸入した「冷凍餃子」を食べた家族に健康被害が発生しました。県は、①コープやまぐちに対し、販売状況の把握を行っています。②県内の主要量販店に対して、販売実績等を調査中です。現時点で、フジグラン長門、フジグラン宇部、フジグラン山口、パルティフジ南岩国で販売されていたので、その回収や、消費者への注意喚起を要請しました。③県内の各健康保健所において、現時点では被害発生の届出や県民からの問い合わせはないそうです。

 これから、情報開示が広がり、様々な状況が明らかになると思います。私も県民の健康と命を守るために、真相の解明と情報公開を今後とも求めてまいりたいと思います。

 みなさんも、疑問や意見がありましたら、私までお知らせください。

岩国基地「滑走路沖合移設」埋立て事業の変更申請手続きに関する要望書提出 [2008/01/28 月 PM 10:36]

 本日、日本共産党県委員会と日本共産党県議団は、岩国基地「滑走路沖合移設」埋立て事業の変更申請手続きに関する要望書を二井知事に提出しました。

 要望項目は、①空母艦載機部隊の岩国移転に必要な施設整備のための公有水面埋立て事業の一部変更は、「騒音被害の軽減、安全性の向上」のためとされた「沖合移設事業」の目的をも変質させる重大な変更であり、環境影響評価をやりなおすよう国に求めること。②騒音予測の変更という「住民の生活環境」に関わる重大問題であり、住民への縦覧、利害関係人の意見書提出、首長の意見照会という法にもとづく手続きを実施すること。③防衛省に対し、一部変更についての「住民説明会」の開催を求め、県としても「住民説明会」を開催すること。です。

 対応した土木建築部の担当者は、①について、「県としては、環境影響評価法に基づく環境評価の再実施の有無に関わらず、公有水面埋立法に基づき適切に審査し対応したい」「環境影響評価法を担当する環境生活部によると、環境影響評価を行なうのは、事業の実施前が前提となっているとのことだった」と答えました。②について、「用途の変更ではないので、住民への縦覧等は想定していない」と答えました。③について、「住民説明会の開催を県が実施する規定はない、住民説明会の開催は、あくまでも国が判断すべきもの」と答えました。

 24日実施された「日本共産党山口県委員会政府交渉」の中で、国土交通省の担当者は、「岩国の今回の埋立事業の変更申請手続きに対して、住民への縦覧等を行うことは知事の判断で可能」との見解を示しました。私たちは、県への要望書提出後の交渉の中で、この点を提起しました。県は、あくまでも「用途の変更ではないので、住民への縦覧等は行わない」との見解を繰り返しました。しかし、重ねての私たちの提起を受けて、県は、「今回のケースに対して、知事の判断で、住民への縦覧等行うことが可能だとする国土交通省の見解を県として確認したい」との認識を示しました。

 埋立事業の用途は、飛行場です。飛行場にしても、新たに59機の飛行機が来るかどうかは重大な変更です。県が、飛行場としての用途の変更がない限り、住民への縦覧を行わないとする立場こそ頑なである印象は否めません。

 ましてや、県政を二分する大いなる議論がこの問題で行われている時だからこそ、将来に禍根を残さないために、県の判断を決めるにあたって、県民が利害関係人や首長の意見を聴くべきです。法律を統括している省庁が可能と言っている訳ですからそれは当然であるという思いを強めた交渉でした。

DSCN0716.JPG

   要望書を提出する日本共産党県議団

なげださない [2008/01/27 日 PM 12:26]

 大学のサークルの同期会から今帰ってきました。直前に体調を崩して参加できなかった人もいたので、10人程度の集まりになりましたが、大いに近況を語り合い、和やかな集いとなりました。昨日のブログで、同期会は、今回で、7回目と書きましたが、長崎で1回やりましたので、8回目でした。9回目の幹事は、四国出身で、東京在住の人に決まり、四国か東京で2年後を目安に開かれることになりました。

 今日は、今から日本共産党宇部市後援会新春のつどいが開かれるので、朝早く大阪を出発しました。子どものおみやげを探しながら、新大阪の駅の本屋で、鎌田實さんの「なげださない」を買いました。帰りの電車の中で、半分読みました。鎌田さんが出会った「なげださない」人たちの物語です。

 どの章にも感動しましたが、とりわけがんと闘ってきた朝日新聞の記者上野創さんの章で、上野さんの奥さんが語ったこの言葉は、心に残りました。

「人はなぜ生きるのでしょう。きっと死ぬまで生きるために、生きるんだと思います。」「自分の人生を最後まできちんと生きるために人は生きているんだ。」

 私の座右に、時実新子さんの一句が大きく書かれたボードを置いています。「今ぞ今 死は生きること 生きて死ぬこと」この句に通じるものの見方を感じました。

 鎌田さんは、上野夫婦の章をこのような文章で結んでいます。「しっかり働き、大いに遊び、おいしく食べ、よく笑い一日一日を大切に積み重ねた。」

 私は、同期会の余韻を感じながら、「なげださない」を頷きながら読みました。1泊の小旅行でしたが、旅は、人生を見つめ直すいい機会です。

 それでは、新春のつどいに行ってきます。次回の同期会を楽しみに、今日もしっかり働きます。