環境と福祉の充実を目指して

公務員制度改革 [2007/08/03 金 PM 12:23]

 県庁の現職死亡者の状況について新しい情報が届きました。県職労のH9~H18までの10年間の調査で、69名となっています。69名の内訳は、1位が悪性新生物の29名。2位が、自殺で17名。3位が心疾患の15名となっています。先に私は、近年、自殺者が県庁で多いということを指摘しましたが、現職死亡者の理由の2位になっているのには驚きました。知事は、「働きやすさ日本一」の県庁にまずすべきです。

 公務員制度改革の名目で、先の国会で、国家公務員法の改悪が強行されました。改悪の一つの中身は、「官民人材交流センター」の設置です。私たちは、これは、官僚専用の「特製ハローワーク」であり「天下りあっせん機構」だと考えます。

 改悪の二つ目は、「能力・実績主義」の人事評価制度の導入です。政府・与党は、これを地方公務員にも適応しようと、地方公務員法の改悪法案を国会に提出しています。現在継続審議ですが、次期国会から審議が再開されるでしょう。

 私は先に、「公務職場に成果主義が導入されて、住民サービスの質が落ち、メンタル不全者が増えている」との識者の発言を引用しましたが、公務員に成果主義を導入することが住民にとって得策なのか検証すべきと思います。また、実際に成果主義を導入した民間企業で労働者はどうなっているのか検証すべきと思います。その十分な検証もしないまま、ただただ成果主義を公務職場にも導入したら、精神疾患や自殺者を増やす結果にしかならないのではなかと思います。

 地方公務員法の改悪法案の採択はこれからですから、何とかくいとめていかなければなりません。県庁でも、冒頭の数字なども検証しながら、「成果主義」の導入は慎重になるべきです。

東見初港湾計画 [2007/08/01 水 AM 07:33]

 昨日、県議会土木建築委員会が、宇部港東見初地区港湾整備事業の視察を行い、私は、地元議員として、同席しました。

 現在、県が事業主体となって、約400億円の事業費で、フジグランうべ沖79.2㌶の埋立が行われています。これが、東見初の港湾整備事業です。来年10月からの一般・産業廃棄物の搬入開始に向けて、廃棄物埋立護岸の工事が精力的に行われていました。

 当日、示された埋立用材の内訳を見て、愕然としました。土量701.2万・に対して、430.2万・は、しゅんせつ土で占められています。つまり、埋立用材の6割以上が、しゅんせつ土なのです。宇部港は、遠浅のため、常時しゅんせつをしなければなりません。そうなれば、宇部港は永遠に、埋立をし続けなければならなくなります。しゅせつ土を港湾開発の埋立用材として使い、開発面積が過大となるという悪循環は見直す必要があると思います。また、H13年の宇部港港湾計画の見直しの時に、「小型船舶の大型化」を理由に、-4.5㍍の岸壁を-5.5㍍に変更しています。このことに伴い泊地確保のためのしゅんせつ土も増加しているはずです。現在の宇部港の利用状況から-5.5㍍の岸壁が必要なのかどうかについても検証しなければなりません。過大な岸壁整備が、過大なしゅんせつ土を生み、過大な港湾開発に結びつくのであれば問題です。更に、これらしゅんせつ土の中には、国直轄の宇部港本港航路のしゅせんつ土も含まれています。国直轄事業で発生する土砂は、国で責任で処分してもらうことも必要だと思います。現在、宇部港で発生するしゅんせつ土の内、国直轄事業で発生する土の割合を調査したと思います。

 以上のことから、私は、宇部港東見初地区港湾整備事業の目的の一つは、しゅんせつ土の処分場所の確保にあると考えています。

 開発後の土地利用計画の用途を見ると、79.2㌶の内、15.9㌶がスポレク施設用地、19.5㌶が緑地となっています。緑地の確保を否定するものではありませんが、開発面積の約45%も港湾事業と直接関係のない事業で占められいるというのは、そもそもこの開発が過大であることを示しているのではないでしょうか。

 H13年の宇部港港湾計画で、マリーナ計画が中止されました。これは、賢明な判断だと思います。しかし、人工海浜計画は残されたままです。私は、砂の搬入など、人工海浜を形成するための予算は、400億円の中に含まれているのか、県の担当者に聞きました。県担当者は、海浜手前の緑地部分の埋立や護岸については約30億円で整備する計画だが、その先の海浜部分については予算化していないとの回答でした。

 1.15キロもある海浜に砂を搬入すれば、どれほどの費用がかかるでしょうか。近隣には、きわらビーチなどの自然海岸が存在します。工業地帯の人工海浜に市民は多く訪れるでしょうか。

 私は、人工海浜につては、至急、費用対効果を検証し、次回の港湾計画の見直しでは削除すべきだと考えます。

 また、いまからでも、東見初地区港湾開発計画の縮小見直しが必要であることを今回の視察を通じて痛感しました。

DSCN0448.JPG

総事業費400億円かけて進められる東見初の工事

ピースコンサート打ち上げ [2007/07/31 火 AM 07:15]

 昨日は、ピースコンサートの打ち上げに参加をしました。私は、全体のプロデュースのような役割でした。採算の面でも黒字となりホッとしています。ディビッドも参加して楽しく充実した宴でした。私は、彼にアメリカにおける二大政党制の弊害について聞きました。彼は、弊害はもちろんあるとした上で、「日本のNHKは、日本共産党について報道する。アメリカのBBCではあり得ないことだ。」と言っていたのが印象的でした。

 日本は、それに近い状況が今度の選挙でもあったと思いますが、完全にシャットアウトされている訳ではありません。この点には確信を持って今後も報道の平等を主張して頑張っていこうと思いました。

 彼の歌は痛烈なブッシュ批判の内容が多いのですが、歌詞の中身について規制があるのかと聞いてきました。あれこれ規制はないが、マスコミや既存の音楽界からは全く無視されている状況だと言っていました。

 しかし、彼の真摯な一言一言は、私を大いに勇気づけました。心からディビッドにお礼がいいたいです。彼は、原水禁世界大会で歌った後、盆明けに、関西でコンサートがあるため、もうしばらく日本に滞在するそうです。来月11日のわが自治会の盆踊り大会にも参加すると言っていました。又会えるのを楽しみにしています。

 参加者一同で、来年も平和コンサートをしようと誓い合いました。

花火大会 [2007/07/28 土 PM 07:10]

 今日は、宇部市の花火大会です。会場の近くで、喫茶店をされている方が保育園の父母の方で、毎年お伺いしています。私は、今年は、参加しませんが、妻と3男と長女が近所の保育園の父母の方と一緒に先ほど出発しました。

 二人とも浴衣を着せました。3男は、私が着せたのですが、難しいですね。

 私は、赤旗の集金と明日の活動の準備です。読書の方は、「小説 日本婦道記」を読み終え、今、「樅の木は残った」を読んでいます。この作品は、山本周五郎の一番長い作品です。上中下があり、今上です。感想は後日のこのコーナーでお伝えします。

DSCN0436.JPG

浴衣を着て、花火大会に出発します。(長女と3男)

Nさん親子 [2007/07/27 金 PM 03:17]

 Nさん親子とは、15年前位からの付き合いです。公共工事での土地の補償問題で、私が仲介したことがきっかけです。その後も何度か、道路や河川の改修の問題などで一緒に行政に要望を届けたりしてきました。

 この最近、連絡がないなと思っておりましたら、偶然、ゴールデンウィーク明けにお父様に、映画館でお会いしたこともあり安心していた矢先でした。

 昨日、選挙のお願いで偶然Nさん宅に電話をしたところお嫁さんから、息子さんもお父さんも亡くなられたことを聞きました。息子さんは、数年前からうつ病で苦しんでおられ、自ら命を絶たれたそうです。その後を追うようにお父さんもご病気で亡くなられたということです。先ほど、ご実家の仏壇に手を合わせてきました。お母さんは、「残念なことを。」と何度も涙を流しておられました。

 「順番を守ることが一番の親孝行」とも話しておられました。どうして、命が助けられなかったのかとご家族の嘆きは、続くものと思います。

 自殺防止は、単純ではないことを痛感しました。しかし、毎年3万人を超える方々が自ら命を落とすこの国のあり方を見直すことも重要です。みんなが安心して暮らせるための大きな改革と、自殺をしようとする方々を支えるきめ細かな体制をつくる小さな改革が急がれます。

かあちゃん [2007/07/25 水 AM 07:29]

 文豪ナビという本がシリーズで出ています。この「山本周五郎」に、おすすめコースが紹介されています。「さぶ」→「かあちゃん」→「小説日本婦道記」→「樅の木は残った」→「よじょう」→「赤ひげ診療譚」→「青べか物語」→「ながい坂・虚空遍歴」とありました。

 そうです、「さぶ」を読んだので、「かあちゃん」を読むことにしました。「かあちゃん」は。「おごそかな渇き」という短編集の中の一遍で、数時間で読んでしまいました。

 この作品も、「さぶ」同様の感動を得ました。「かあちゃん」が何故お金をためているのか。それを知って入ってきた泥棒をどうするのか。この作品は、読んだら人に勧めたくなる作品です。

 私がこの作品ですばらしいと思ったのは、様々な場面で、家族全員が話し合うことです。様々な意見を「かあちゃん」がまとめ、みんなの合意で次に進むということです。決して、「かあちゃん」の独りよがりでことは進めません。民主主義の原点がここにあると思いました。子沢山で我が家と似たところも感じ、こうありたいと思いました。

 この夏は、山本周五郎に少し浸ってみることにします。今度は、「小説日本婦道記」です。これは、少し長い作品なので、読了に時間はかかると思いますが、読後の感想は、後日に、このコーナーに寄せます。

子どもらは夏休み [2007/07/24 火 PM 03:38]

 夏休みに入りました。小学校の二人の子どもは、今日から来月の頭まで約2週間、妻の実家に行きます。彼等は、そこからキャンプのツアーに参加するのですが。

 今日から家族4人。子どもは、保育園児二人になります。少し余裕を持った暮らしになるでしょう。それはお互いにとっていいのかも知れません。

 山本周五郎の「さぶ」を読了しました。久しぶりに充実した読後感のある本に出合いました。最後の最後に、栄二を陥れた犯人がわかるところは、読み物としても大変面白いです。

 私は、栄二タイプかさぶタイプか。両方持っているような気もします。両方あった方がいいような気がします。これらも、栄二として、さぶとして、この世に貢献が出来たらと思います。

 しばらく、山本周五郎を読んでみようと思います。作品に散りばめられた人生訓が参考になります。とにかく人を観る眼がやさしいのがいいですね。今日からは、「樅の木は残った」に挑戦してみようかと思います。皆さん、山本周五郎の推薦作品があればお教えください。

 

蜘蛛の糸 [2007/07/23 月 PM 02:47]

 今日は、西宇部小PTA主催の青空読書会が行われ、子どもと一緒に参加しました。低学年の部に参加し、ある先生が芥川龍之介の「蜘蛛の糸」を朗読されました。

 国ノ多(かんだた)という男が天国から伸びた蜘蛛の糸を昇ります。気がつくと何千という罪人が下から這い上がってきます。国ノ多は「こら、罪人ども。この蜘蛛の糸は己のものだぞ。お前たちは一体誰に尋いて、のぼって来た。下りろ。下りろ。」と喚きます。

 その途端に蜘蛛の糸は切れてしまいます。

 私は、この話しは、現在の格差社会そのものだと思いました。自民党は、立ち直れる社会を作るといって、「起業」などを進めます。一部の成功者は生まれるかもしれませんが、根本的な解決にはなりません。

 自分だけ勝組に入ろうではなくて、連帯して、勝組・負組のない社会を作る努力が重要だと思いました。

 あるお母さんは、蜘蛛の糸を読んで、「それにしても、お釈迦様も冷たいよね。」と感想を述べておられました。

 蜘蛛の糸は、極楽の様子をこう書いています。「しかし極楽の蓮池は、少しもそんな事には頓着いたしません。」。「極楽ももう午に近くなったのでございましょう。」という文章で「蜘蛛の糸」は、終わります。

 お釈迦様は、「国ノ多が血の池の底へ石のように沈んでしまいますと、悲しそうなお顔をなさりながら、又ぶらぶらお歩きになり始めました。」とあります。この辺りから、先ほどのお母さんの感想になったのかも知れません。

 極楽を勝組の世の中にすると、「負組の人の事には頓着しない」とも読むことができそうです。

 このように、様々思いを巡らせながら読めるのも名作たる所以でしょう。皆さんは、「蜘蛛の糸」をどのように読まれましたか。お聞かせください。

班長 [2007/07/22 日 AM 08:19]

 今年度は、自治会の班長です。月に2回広報を配って、月1回区費を集めます。昨日は、その班長会議と区費の集金日だったのです。私は、選挙の宣伝行動に行っていて、妻も、子どもを空手の道場に送っていっていました。そうです二人とも班長会を忘れていて欠席してしまったのです。夜9時頃に子どもの指摘で気づき、自治会長に取り急ぎ電話で謝罪しました。いまから、区費の集金を急いで行い、自治会長に届けます。

 今年は、保育園の運営委員長、PTAの副会長、自治体の班長と役回りの多い年になりました。夏休みに入り、子ども会のプール当番なども回ってきます。基本的に私が、これらのスケジュールを管理します。どうしても無理な場合は、妻に投げますが、妻も働いているので、なかなか大変です。

 人生で一番忙しい時なのかも知れませんが、昨日のような事がないように、一つ一つ誠実に対応していこうと思います。一つ一つ楽しみながら役割を発揮していけたらとも思っています。

 それにしても、昨日は失敗、失敗。失意泰然でいきましょう。

さぶ [2007/07/20 金 AM 05:57]

 一昨日、親子劇場の行事に兄弟で参加して、子どもたちが帰ってきました。三男には、一等の大きなおもちゃがあたりました。長男も次男も小振りのおもちゃ。次男はくやしくてたまりません。「ぼくはじゃんけんに弱い。いつも負ける。」としょげています。妻は、「そんなことはないよ。それじゃ、母さんとじゃんけんしよう。」と、次男とじゃんけんを始めます。勝負は、五分五分。しかし、次男は、くやしさが癒えぬまま、床につきました。

 昨日、空手の道場に寄ったら、「オリジナルTシャツが出来ました。」と言われ、道場に通っている次男と私の分を買いました。

 昨日も、親子劇場の地域の行事があって、帰ってきた次男に、「空手のTシャツが出来たよ。」と渡すと、満面の笑み。「人生、悪いときもあれば、いいときもあるんよ。」と、私は、次男に言いました。

 私は、04年から、7ミリ、12行という小さなノートを持ち歩いています。忘備録のようなものです。咄嗟に、面接や電話などで、生活相談を持ち込まれたときのメモとして使ったり、議会での質問テーマを整理したり、ラジオなどで、いい本や話を聞いたときにメモしたり、うかんだ川柳を書きとめたり。今使っているノートで20冊になります。表紙には、「道険笑歩」と書いています。最近は、「笑歩」とだけ書いています。これは、プロボクサーの徳山選手が、しんぶん「赤旗」のインタビューの中で使った言葉です。分かり易くていい言葉だと思い、いまだに使っています。なかなか「笑歩」といかない時もありますが、いつも「笑歩」を心がけてこれからも歩んでいきたいと思います。

 今、山本周五郎の「さぶ」を読んでいます。山本会心の青春小説でしょう。藤沢周平でいえば、「蝉しぐれ」というところでしょうか。山本作品では、主人公が、町人。藤沢作品では、主人公が武士。その違いは、各々の作品の呼吸に現れています。しかし、各々の作品は、作者の気質が出ており、各々が秀作です。

 今日は、今から山口まで行って夜まで街頭宣伝です。行き帰りの電車で、「さぶ」の続きを読みます。「さぶと栄二」の成長とともに電車に揺られます。「これでもう少し生きていけるという作品に時々出合う。」とある書評家が言っていましたが、私にとって「さぶ」は、そのような作品になる予感がします。