環境と福祉の充実を目指して

高齢者差別の医療制度は廃止しかない [2008/05/10 土 AM 07:59]

 日本共産党は、八日に「高齢者差別の医療制度は廃止しかない―撤廃の一点での国民的共同をよびかけます」とするアピールを発表しました。

 撤廃を求める第一の理由は、医療費削減のための高齢者差別は許されないということです。第二は、①保険料は「天井知らず」に値上げされる②差別医療が導入され拡大される など制度を存続すればするほど、国民を苦しめるものだという点です。第三は、すべての世代に重い負担と医療切捨てを押し付ける制度だという点です。

 以上の理由から日本共産党は、小手先の「見直し」でなくこの制度の撤廃を求めています。そして、安心できる医療制度へ国民的討論を呼びかけています。アピールの全文は、私のブログのリンクに「日本共産党中央委員会」がありますので、そちらをクリックしていただいて、ダウンロードしていただいたらと思います。

 後期高齢者医療制度に関して、昨日、二つの資料を入手しました。一つは、4月24日、山口県医師会定例代議員会で可決された後期高齢者医療制度の見直しを求める決議文です。

  決議文は、会員の中には、様々な意見があるとしながら「保険料の徴収を含めた財源の問題に国民の同意が得られていないこと、『後期高齢者診療料』に象徴されるように医療機関へのフリーアクセスを妨げ、医療格差を生じさせる構図にあること、年齢により受ける事のできる医療の内容に違いが長じることの3点において、医療人としていささかも容認できないということで意見が一致した」と述べています。国及び山口県や県広域連合は、県医師会の決議の中身とその重みを再認識すべきです。

 二つ目は、県広域連合に、請求していた全国の状況調査の結果です。第一は、各都道府県の広域連合における議員構成についてです。4月23日現在、関係市町の首長と議員の議会が28、関係市町の議員のみの議会が19となっています。山口県広域連合の構成は、首長が含まれています。首長の出席状況と仕事の中身から、山口県広域連合も首長を今後も議員に含めることが妥当かどうか再検討すべきと思います。

 二つ目は、各都道府県の広域連合における協議会の設置状況です。5月9日現在、全国25の都道府県で何らかの協議会や懇話会を設置しています。山口県広域連合は、次期料金改定時には協議会を持ちたいと言っていますが、これだけ議論の多い制度ですので、恒常的に被保険者から意見を聞き、制度改善を提言できるような協議会を早急に設置すべきです。

 三つ目は、広域連合における独自軽減の状況です。4月30日現在、北海道、東京都、石川県、福井県、山梨県、岐阜県、三重県、滋賀県、京都府、奈良県、岡山県の11都道府県で、保険料等の独自軽減を行っています。独自軽減の財源は、都道府県や市町村の補助金です。山口県は、県広域連合へ保険料軽減のための財源投入を早急に検討すべきです。

 今後とも、私は、党県議団の一員として、制度の廃止を訴えながら、制度の改善を関係機関に強く訴えていきたいと思っています。この制度に対する皆さんのご意見をお聞かせください。

山桜 [2008/05/09 金 AM 07:24]

 やっぱり藤沢周平はいいですね。しばらく遠ざかっていましたが、短編集「時雨みち」の中の「山桜」を昨夜読みました。藤沢周平の作品は、清貧・清廉など「清い」という言葉がぴったりですね。その清さに押し付けがまししさがなく、心にストンと降りてきて、背筋がピンとなります。

 この「山桜」が篠原哲雄監督によって映画になり、来月から全国ロードショーです。残念ながら、県内での上映予定は今のところないようですので、一番近い北九州の映画館に観に行こうと思っています。

 主演は田中麗奈、東山紀之。原作では、最後に、野江が手塚の家を訪ねます。手塚の母志津は、「いつかあなたが、こうしてこの家を訪ねてみえるのではないかと心待ちにしておりました」と迎えます。

 その母親役が、富司純子。この女優さんは、今の日本映画を支えるベテランの一人です。私が最近観た映画の中でも「明日への遺言」「死神の精度」で好演しています。役柄がいいものばかりと思わせるもの彼女の演技力の賜物のなでしょう。この女優さんはいい生き方をしてきたのだろうなと思わせます。これまた「清廉」な演技です。いい女優さんだと思います。

 久しぶりに藤沢周平を読みながら、山桜の封切りを待ちたいと思います。

 

我が家もそろそろ田植えです。 [2008/05/08 木 PM 09:25]

 連休に、油谷の棚田周辺を回遊しました。キャンプ二日目の夕方、温泉に行った帰り道。水をはった水田に月光が当たる様が幻想的でした。

 農業に携わっておられない方は、水田は奇麗だなという感想で終わるのか知れません。しかし、私などは、「我が家もそろそろか」とお尻がむずむずしてくる感じです。

 3歳の娘がこの二日熱を出し保育園には行かず、実家の母に面倒を見てもらいました。実家に娘を迎えに行きながら、母と今年の我が家の田植えの日程を決めました。父が一昨年他界し、昨年から、私は、一人残された母の農業サポーターとなっているのです。

 1ヶ月前に、一度、田起しをしました。第二回の田起こしを18日に。そして、田に水を入れて荒かきは、21日に。代かきは、27日に。そして、田植えを5月31日にしようということにしました。

 帰路の途中、叔母の家に寄り、田植えのサポートをお願いしてきました。代かきは、トラクターの扱いを丁寧にすれば、なんとかなりますが、田植えは、2年目で、どこからどのように植えて行けばいいのかまだまだ悩みます。

 何かと多忙な日々ですが、父から受け継いだ3枚の田だけは、親戚の援助を受けながらも、なんとか自力で作りつづけたいと思っています。そして、田植えは、子どもたちも手伝わそうと思います。これぞ究極の食育です。

 大きく言えば、地球環境の保持と、自給率アップに甚だ微力ではありますが、今年も貢献したいと思います。

 

若きちひろへの旅 [2008/05/07 水 PM 09:54]

 連休明けの今日。小学生3人は元気に学校に。しかし、3歳の長女が熱を出しました。朝、長女を病院に連れていきました。その小児科で、知り合いの小学生を持つ親御さん二人にお会いしました。新学期と連休明けは、子どもの体調が変わるときです。皆さんの子どもさんは、連休明けお元気だったでしょうか。4人も子どもがいると、我が家では、誰かが小児科のお世話になります。

 さて、昨日から、平山知子著「若きちひろへの旅」を読んでいます。今、上の半分辺りを今、読んでいるところです。

 私は、ちひろの人生で衝撃を受けたことがあります。それは、ちひろの最初の夫が自殺したという事実です。そのことは、日本テレビで放映していた関口宏の「知ってるつもり」という番組で知りました。その後のちひろの開花を知る上で、この辺りの経過を詳しく知りたいと漠然と思い続けていました。その経過が、この本の第二章「仮面の花嫁」に詳しく書かれています。

 3姉妹の長女として生まれたちひろ。家を背負って結婚を余儀なくされたちひろ。ちひろは、彼を生理的に拒絶します。彼は、性病を患い自殺してしまいます。

 遺骨になったかれは、初めてちひろの腕に抱かれたのです。作者の平山知子さんは、日弁連の両性の平等に関する委員会委員長も務めた弁護士です。

 作者は、「今でもこそ、婚姻は両性の合意のみで成立すると憲法24条に規定されているが、当時はちひろのような結婚はいくらでもあった。さらに、今は、『性的自己決定権』、つまり、女性がどのような男性と、いつ性的交渉を持つかは自分の意思で決定できるということが、女性の人権として認められ始めている。当時は、いや今でもそようなな考え方が圧倒的ではあるが、結婚すれば性交渉は当たり前、特に妻はそれに応ずる『義務』がある、これに応じないのはけしからんことであり、夫である相手を傷つけ、苦しみを与えることだという評価を受ける。」と弁護士としての的確な指摘を行います。

 また、作者は、最初の結婚をした当時のちひろが全く絵を描かなかったことに注目して、「『自分らしく人間として生きる力』さえ失っていたからではないかと思う。自分の肉体を抹殺するという意味での『自殺』をする前に、ちひろは『尊厳をもった人間』としてはすでにほとんど死んでいた。それほど、ちひろの苦しみは深かったのではないだろうか。」と述べています。

 更に、作者は、「ちひろが自分自身をもう一度『人間として生き返らせるため』に、どうしてもやらなければならない、『この時代の自分の過去』との決別であったのではないかと思う。これまでの人生のページから、そこの部分だけは切り捨てなけらば、次の新しいページをめくることだできなかったのではないだろうか。ちひろは、けっしてうしろむきではなかった。苦悩の中からもけんめいに『生きる力』をもとめようとしていたのである。」としています。

 ちひろの人生を知り、金子みすずの結婚生活や時実新子の最初の結婚生活の話をそれぞれ思い出しました。時代を切り開いた女性たちには、共通する苦悩があったようです。しかし、時代に耐えるだけでなく、それを切り開く「生きる力」も共通しているようです。

 この本を読みながら、ちひろがもっと好きになりました。次は、戦後のちひろの物語です。

長門市を満喫 [2008/05/06 火 PM 05:10]

 この連休は、長門市を中心に大いに遊びました。

 3日・4日・5日は、こぐま保育園で子どもたちが一緒だったYさん・Mさん家族と、我が家族(総勢大人6人、子ども8人)で、油谷の大浜海水浴場でキャンプをしながら長門市周辺を回遊しました。

 3日、午前中は、実家の田の畦の草刈りを2ラウンド(油を満タンにして2回)行い、午後から、Yさんと我が家族で釣りの準備と買い物を仙崎ですませて、大浜海水浴場のキャンプ場へ向かいました。到着後、川尻漁港で、早速さびき釣りを行うも釣果はなく、寂しい夕飯となるところでした。しかし、キャンプ場の管理人のHさんのご家族や友人の方々が多数参集された日に当たり、Hさんが釣られた大きなスズキをはじめ、カキや珍しい焼酎をいただいたりでおおご馳走の夜となりました。子どもたちも花火大会に参加させてもらって楽しそうでした。

 4日、午前中は、油谷の久原・津黄漁港で、さびき釣り。釣果がほとんどありません。午後は、我が家のホームグランドとなっている、青海島・通漁港まで30分以上かけ移動し、わが家族だけで釣りに出かけました。半年前の入れ食い状況とまではいきませんでしたが、あじなど20匹程度を釣ることができました。4日、午後からMさん家族も合流し、夕飯は、大勢で、Yさん買出しの地元食材も含めてこれも大ご馳走な夕飯となりました。3家族で、夜半まで大いに語らいました。

 5日は、釣りが初めてというMさん家族と一緒に、午前中から通漁港で再び釣りました。途中雨で中止となりましたが、今回もあじなど15匹の釣果でまずまずでした。Mさん親子もそれぞれ釣果があり、私もホッとしました。

 大浜に帰ってきたら、サーファーの皆さんがどんどん集結されていました。キャンプ場の管理人さんのHさんもサーファーで、サーフボードなどを販売されている店の経営にも関わっておられるようです。Hさん曰く、ここ大浜周辺は、日本海沿岸で、一番いい波が集まるところだそうです。そう言えば、風力発電所がこの地域に多いのも頷けます。サーファーにとって、油谷半島は、メッカの一つのようです。偶然すれちがったサーファーの方は、大阪から来られた方だとおっしゃっていました。波間を多数のボードが掛けめぐっている風景を私は初めて見ました。子どもたちも浜辺で体を濡らしながら大いに遊んでいました。

 午後からテントなどを片付け、小田の雑貨屋さんで、携帯のストラップをみなんでつくりました。石などの飾りを選んで、子どもも大人もそれぞれのストラップが出来ました。私は、災害から身を守るというターコイズという青い石を並べたストラップを完成させました。早速、そのストラップが私の携帯で踊っています。

 最後に黄波戸温泉で汗と海水を流し、YさんMさん家族と別れ、吉部の実家に帰りました。

 6日の今日は、午前中、母と我が家族で、県立美術館に「いわさきちひろ展」を観に行きました。朝一番に行ったのですが大変な盛況ぶりでした。展示物の中にちひろの経歴がありました。「27歳 日本共産党入党」とありました。それを見て、嬉しくもありながら、大先輩なのだということを改めて実感し、少々緊張もしました。

 販売コーナーで平山知子著「若きちきろへの旅」を買いました。ちひろの10代、20代が詳しく描かれた作品です。時代も戦中・戦後の激動です。それを背景にちひろの激動の青春を知りたいと思います。

 この連休は、山口県を大いに満喫しました。大いに山口県を再認識した連休となりました。さあ、明日から平常です。山口県からもらったパワーで県民福祉向上のための活動に大いに励みたいと思います。

DSCN0826.JPG

   大浜海水浴場の海辺で遊ぶ子どもたち

 

名ばかり管理職 [2008/05/02 金 PM 03:28]

 昨日、第79回宇部地域メーデーに参加して、連帯のあいさつを行いました。私は、「名ばかり管理職」の話をしました。マクドナルドの店長が管理職扱いされて残業代がでていないのは違法だと訴えて裁判で勝利しました。それ以来「名ばかり管理職」が大きな問題になっています。労働基準法では、「監督もしくは管理の地位にある者」は労働時間法の規定外にあたると定めています。しかし、それ以外の方には、残業代を出さなければ違法です。

 先日、大津労働基準監督署が、滋賀県立病院に時間外手当を支給するよう是正に是正勧告をだしました。滋賀県成人病センターでは、77人いる医師のうち、部長級の29人の医師には管理職手当が支給され、時間外手当や休日出勤手当てが支給されていません。勧告は、センターの部長級以上の医師は、経営に携わっていないと判断し、県に遡って時間外手当を払うように求めています。

 私は、早速、山口県の状況を調査しました。県立総合医療センターの76人の医師の内、管理職手当が支給され、時間外手当や休日出勤手当が支給されてない医師は3人だということでした。県立こころの医療センターの7名の医師の内、時間外手当などが支給されていない医師は1人だということでした。山口県の県立病院での「名ばかり管理職」の実態は、この数字からするとないのでしょうか。

 県庁ではどうでしょう。知事部局を調べてみました。県庁知事部局の約1600人の職員の内、約200人に管理職手当が支給され、時間外手当などは支払われていません。この200人の方々に「名ばかり管理職」の実態はないのか更に調査をすすめたいと思います。実態を是非お教えください。

 4月27日号のしんぶん「赤旗」日曜版に編集部が厚生省通達、司法判断をもとに、管理監督者と名ばかり管理職のチック項目を作成していましたので紹介します。

 管理監督者チェック項目①出勤・退勤時間は自由だ②正社員の採用や人事考課について権限がある③企業全体の経営に関する重要事項の決定にかかわっている④一般社員に比べて給与、一時金など十分な待遇をうけている

 名ばかり管理職チェック項目①タイムカードなど勤務時間を管理されている②人事にかかわる決定権がない③上の指示に従って仕事をしている④管理職になって収入が減った。あるいは責任や仕事量から見て収入が少ないと思う

 全ての管理職手当を支給され、時間外手当などを受け取っていないみなさん、このチェック項目に従って自らの仕事をチェックしてみてください。気になる点などがありましたら、このブログの意見のコーナーからでも私に一報いただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

 さて、私は、今晩から、吉部の実家に帰ります。明日と明後日は、3家族が集い油谷方面でキャンプをする予定です。つきましては、本ブログの更新が数日できないと思いますのでよろしくお願いします。

 次回のブログでは、キャンプの様子などを報告したいと思います。それでは、みなさんにとってよい休日でありますようにお祈りいたします。

 

朝の日課 [2008/05/01 木 AM 06:33]

 久しぶりに早起きをしました。私の朝はこんな感じです。朝起きて、まず、15分ウォーキング。始めて10日目くらいになったでしょうか。大分顔なじみも増えてきました。考え事をしてあるいているとあいさつするのを忘れるときもあるので要注意です。そして、庭の水やり、今日は曇りでしたが雨が降るのでしょうか。先日は、快晴だったので水やりをすると午前中から雨が降りがっかりしました。我が家の庭の花は、桜からつつじに代わってきています。あんずは、実を大きくしています。そして、メールのチェックと、ブログ書き。最近は、夜更新してばかりですが。この後、6時30分に小学生を起こします。そして、子どもたちは、7時まで勉強しますので、勉強を見てやりながら、私は、ニンジン・りんごジュースをつくります。これも3年目に入りました。生のりんごがこの時期からなくなりますので、100%のりんごジュースを入れています。そして、7時になり朝風呂に入り、うさぎのトイレを替えて餌をやります。そして場合にとっては洗濯物を干し、ごみを出し、皿洗い。そして、3歳の長女を保育園に送って行って私の一日が始まります。

 今日は、月はじめですので、立哨があります。今年度PTA会長ですので、今年度はまじめに参加しようと思っています。小学校の校門の前で、PTA役員の皆さんと校長先生などと一緒に子どもたちにあいさつをします。ですから、今日、長女は、妻と登園です。

 そして、今日、午後からメーデーに参加します。そこでのあいさつは、立哨から帰ってきて自宅で考えましょう。それでは、小学生3人を起こしに行ってきます。早起きは三文の得といいますが、その通りですね。

暫定税率再議決 [2008/04/30 水 PM 11:39]

 今日、宇部市市内を走っているとどこのガソリンスタンドも満員でした。そういう私もガソリンを満タンにしました。

 そんな今日、暫定税率の再議決を政府与党は強行しました。夕方のNHKラジオの解説者は、「与党にとっては自爆的としかいえない判断だ」と述べていました。また、「世論が政権には届かないしくみになっている。」「支援者の声しか与党には届いていない。」との解説もありました。更に、視聴者から「福田さんは、ガソリンの値段を上げたたら車に乗る人が少なくなり環境がよくなると発言していたが、ならばなぜ道路を作るのか。」との声も寄せられていました。

 私のブログへもとんぼさんから「無駄な公共事業はやめて欲しい。」というコメントが届きました。「もっと環境に優しいことを考えて見よう。」という言葉でとんぼさんはコメントを終わっていました。

 私は、この間、美祢市議選の応援で、何度も山口県が進める地域高規格道路「小郡萩道路」の建設現場を見て通りました。また、先日の後援会で萩市に行く途中にも「小郡萩道路」を見ながら移動しました。お金が有り余っている時ならつゆ知らず、後期高齢者医療を導入までして財政再建をしなけらばならないという時代に、本当にこの道路は必要なのかという疑問は深まるばかりでした。また、この道路建設は、山口県の豊かな緑を阻害しているのではないかとの疑問も深まりました。

 このままの国や県の方向に疑問を持っておられる方は、今度の衆議院選挙と知事選挙で一票一揆といきましょう。

 

わらび狩り [2008/04/29 火 PM 10:40]

 日本共産党西部後援会主催で、萩市福江のわらび台にわらび狩りに行きました。マイクロバス満員で、楽しい旅行となりました。

 「わらび台」の名の通りわらびがたくさん取れました。我が家は、子ども3人と私の4人で参加し一生懸命とりましたのでわらびが袋いっぱいになりました。今、妻がゆがいています。明日は新鮮わらびが食べられそうです。

 その後に、阿武川温泉で汗を流し、帰路につきました。

 帰ってすぐに「太極拳教室」に3男と向かいました。連休にも関わらず、多くの参加者で盛況の会となり一安心しています。

 連休の一日を満喫しました。明日は、新体制で初めてのPTAの役員会です。私は新会長としてこれも初めての会合となります。気負わず、のんびりと役目が果たせたらと思っています。

高齢者の怒り示した選挙結果 [2008/04/28 月 PM 10:26]

 27日投票で行われた選挙の結果を一言で言うならば、高齢者の怒りが示されたものでしょう。衆議院山口2区補欠選挙での自民党も敗北も、「後期高齢者医療制度」への高齢者の怒りが示された結果だと思います。

 美祢市長選挙で、当選した村田新市長。最終盤に村田陣営が出したビラの中に、「後期高齢者医療制度の見直しを国に求めますy」という趣旨の文書があったことが印象的でした。

 美祢市議選挙では、日本共産党は、3議席を目指しましたが、2議席に留まりました。残念ながら落選した古川候補も、直前の選挙の得票を1.8倍に伸ばしました。私が対話したある元秋芳町議さんは、「自分は自民党党員として頑張ってきたが、今度の後期高齢者医療制度のような制度が導入されたことに恥ずかしい想いがする」と率直に話をされていました。

 美祢市で、日本共産党が、2議席得ることが出来た背景にも後期高齢者医療制度導入への怒りがあったと思います。27日全国で行われた選挙で、日本共産党は、定数1を争う埼玉県議選挙で、当選を果たしました。新潟上越市議選では、定数2の選挙で勝利しました。これらも後期高齢者医療制度への怒りが背景にあったと思います。

 後期高齢者医療制度について、与党は、「国民への説明が不足していたかもしれない」と言っているようです。説明不足ではなく、国民を年齢で差別することに重大な問題があることに早く気づくべきです。

 さて、プライベートでは、妻が胃炎で、午後、職場から帰ってきました。共働きで、妻が病気になると、たちまち、私の役割があれやこれや増えてきます。その中で、今日の予定を果たさなければならなくなります。

 妻の有難さがよく分かる午後となりました。妻は、ゆっくり寝たら元気になったと言っています。妻には、明日の祝日は、ゆっくり休んでもらって、明後日から元気になってほしいものです。

 今月は、次男の怪我といい、激動の春です。家族にとって、一人ひとりの健康が第一だということを痛感します。

 私は明日は、日本共産党宇部市西部後援会の行事で、子どもたちと一緒に、萩市にわらび狩りに行ってきます。