環境と福祉の充実を目指して

イージス・アショアに巡航ミサイルがセットで導入か [2018/02/08 木 AM 08:18]

 1月12日の毎日新聞に「政府は陸上配備型迎撃システム『イージス・アショア』の導入に当たり、北朝鮮からの弾道ミサイルに加え、他国から日本を狙う巡航ミサイルを迎撃対象にする検討に入った」との報道があったことは、以前の本ブログで取り上げました。

 昨日の衆院予算委員会で、日本共産党の宮本徹議員は、巡航ミサイル導入とイージス・アショアの関係について質問しました。

 今朝の赤旗日刊紙を元に報告します。

 2017年3月に防衛省が巡航ミサイル導入にむけて調査した報告書で、「LRASM」の地上発射型について調査していたことを指摘。LRASMは従来、『空対地ミサイル』と説明されています。報告書で明記されている地上発射型LRASMの発射装置と地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の発射装置の型式が一致しています。

 宮本議員は、LRASMの射程は900キロで、イージス・アショアの設置候補地にLRASMが導入された場合、北朝鮮全域やロシアの軍事拠点が射程圏内になるとして「長距離巡航ミサイルとイージスアショアをセットで保有すると、他国のきょういとなるのは明白だ」と批判しました。

 敵基地攻撃能力お保有をめぐり政府は、平素から他国に対し「攻撃的な脅威を与えるような兵器を持っているということは、憲法の趣旨とするところではない」との見解を示しています(1959年、防衛庁長官答弁)

 宮本議員は「ロシアや中国まで届く長距離巡航ミサイルを保有することは、この見解に反する」と指摘しました。

 小野寺防衛相は「従来の政府の説明を変えるものではない」「(今回の同ミサイルは)敵基地攻撃能力を目的とするものではない」と答えました。

 宮本議員は、小野寺氏を座長とする自民党検討チームが昨年3月、敵基地攻撃能力の保有の早期検討を政府に求める提言をまとめ、巡航ミサイル保有もあげていたことを指摘し「大臣になったら『敵基地攻撃ではない』とという言い訳は通用しない」と述べました。

 宮本議員は「国民をあざむいて敵基地攻撃能力を手に入れようとしている。長距離弾道ミサイルが憲法違反なのは明白だ」と批判しました。

 日本共産党の宮本徹議員の質問で、萩市の陸上自衛隊むつみ演習場に配意が計画されている陸上型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」に憲法違反の敵基地攻撃能力のある長距離巡航ミサイルがセットで配備される可能性が明らかになりました。

 萩市に憲法違反の巡航ミサイルを配備させてはなりません。

 この問題に対する皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

 

「陸上イージス 山口県知事『協力すべき』」との報道について [2018/02/07 水 PM 05:37]

 昨日の中国新聞は、「山口県の村岡嗣政知事は知事選で再選後初の5日の記者会見で、政府が萩市で検討中の地上配備型迎撃ミサイルシステム『イージス・アショア』配備計画について、県内が適地と判断された場合は『基本的に協力すべきだ』との認識を示した。」「村岡知事は、現時点で地元説明はないとした上で、『北朝鮮情勢の不安がある中、配備が必要との議論は一定に理解できる』と指摘。『山口県が適地となれば、基本的には協力しなければならない。住民の不安には、丁寧な対応を国の方でしてもらわないといけない』と述べた。」と報じました。

 県は12月議会では、「イージス・アショア」について「県内が候補地になった場合には国の責任で地域住民の理解と協力が得られるよう丁寧に説明してもらいたい」と答えるにとどまり、県としての主体的な意見はのべませんでした。

 県知事選の中で、くまのゆずる候補は、「『地上配備型イージス』の建設に反対します。」とこの問題で明確な姿勢を示しました。

 陸上イージスの是非について、村岡知事は、選挙戦で態度を明らかにせず、争点隠しと言える態度に終始しました。

 村岡知事は、選挙が終わるやいなや、「基本的には協力しなければならない。」とこの問題での態度を明らかにしたことに、私は、政治家として誠実さに欠ける態度だと指摘したいと思います。

 選挙戦の中で態度を明らかにせず、選挙後、態度を明らかにする行為は、県民を愚弄する行為だと私は指摘したいと思います。

 今日の朝日新聞は、陸上イージスについて「藤道健二市長は、12月の市議会で「萩市が候補地になった場合には国の責任で説明があるものと考える』との立場を示した。だが、市総務課によると閣議決定以後、今月6日までに国側から市への配備の打診はなく、説明の場を設ける意向も示されていないという。」と報じました。

 村岡知事は、常々、「地元の意向は尊重する」と言ってきました。

 地元の住民にも市長にも何らの説明がされていない段階で、更に、『地元の意向」を県が一言も聞いた形跡がない段階で、「基本的には協力しなければならない」との県の姿勢を示す村岡知事は、地方自治や住民自治や民主主義を大切に行政を行おうとされているのかと疑いたくなる発言です。

 更に、県議会の答弁よりも踏み込んだ発言をした村岡知事の行為は議会軽視とも言えます。

 村岡知事は、陸上イージスについて「基本的には協力しなければならない」とする発言を撤回し、今は、国に地元説明の開催を求め、地元の住民らの声に真摯に耳を傾ける時だと思います。

 陸上イージスのついて村岡知事が「基本的には協力しなければならない」と発言しました。皆さんはこの発言をどのように感じておられますか。ご意見をお聞かせ下さい。

4日投開票の選挙での出口調査の結果 [2018/02/06 火 PM 12:06]

 2月4日に行われた選挙での出口調査の結果が今朝の毎日新聞に報道されていました。

 一つは、4日投開票の沖縄県名護市長選挙で共同通信が実施した出口調査です。

 「安部政権が支援し初当選した新人、渡具知武豊氏に投票した人のうち、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に『反対』『どちらかといえば反対』と答えた反対派が合計で3割を超えた。現職、稲嶺進氏への投票者も反対派が87.5%を占め、移設に反対する市民の根強い反発が浮き彫りになった。」

 日本共産党の志位和夫委員長は「当選した自民・公明推薦候補は、選挙戦を通じて、辺野古新基地の問題を一切語りませんでした。選挙結果は、名護市民が辺野古新基地を受け入れたkとを意味するものでは決してありません。それは、各種メディアが行った出口調査で、6割以上の名護市民が『辺野古新基地建設反対』と答えていることからも明らかです。」と談話で指摘しています。

 辺野古新基地建設ノーの名護市民の願いは不動です。

 二つ目は、山口県知事選挙での毎日新聞とTYSテレビ山口の出口調査の結果です。

 「米軍岩国基地への空母艦載機移転に対する考えを聞いた質問では、約3割が移転に賛成と答えた。反対は2割だったが、賛成との差は大きくなく、『分からない』というる有権者も約4割を上回った。」

 「上関原発建設計画を巡っては、全県で反対が約5割を占め、賛成の約2割を大きく引き離した。」

 毎日新聞は、解説で松田記者がこう書いています。

 「政府は原発の行方を左右するエネルギー基本計画の改定作業を進めており、艦載機移転も5月に完了する。毎日新聞・TYSの共同出口調査でも原発や米軍基地についてさまざまな考えがあることは明らかだ。2期目を迎える村岡氏は、広く県民の声に耳を傾け必要に応じ政府に強く働きけられるのか。手腕が問われている。」

 くまのゆずる候補は、「山口をアベ県にしてはならない」と訴え、上関原発建設中止、空母艦載機部隊移駐見直しを訴えました。

 岩国基地問題でも上関原発問題でも県民の異論を村岡知事はしっかり受け止めるべきです。

 最初から安倍政権の進める政策に賛成を決め込むのではなく、県民の意見を政府に伝えるべきです。

 特に、上関原発に反対する県民の声は過半数を超えている事実を村岡知事は重く受け止め今後の県政運営を行うべきです。 

 名護市長選挙や山口県知事選挙に対する皆さんの声をお聞かせ下さい。

県知事選挙の結果について [2018/02/05 月 PM 05:17]

 任期満了に伴う山口県知事選挙が4日投開票で行われ、広範な市民と野党の共闘「99%の民意をいかす山口の会」から立候補した熊野譲候補が健闘しました。

 熊野譲候補は、昨年の衆議院選挙で社会民主党と日本共産党が得た比例票を1.7倍上回る7万5207票(得票率17.78%)を獲得し、共闘にこそ政治を変える大道があることを示しました。

 熊野さんは、立候補表明が、12月初旬と出遅れたものの、安保法制=戦争法強行以来、一昨年の参院選、昨年の衆議院と続いた市民と野党の共闘の流れを更に発展させた「県民の会」を母体に善戦しました。

 とくに、米軍基地の拡大強化や上関原発計画を絶対に許さないと訴え、安倍9条改憲ノーと結んで、「山口県をアベ県にしない」と共感を広げました。また、子育てや、36年間の教師経験を生かした30人学級実現の訴えも反響を呼び、岩国、上関に加え教え子の多い候補の地元下関などで検討して2割以上の得票率をかちとりました。

 当選した村岡候補は、企業・団体を締め付け40万票獲得を目指しましたが、34万7千余票にとどまりました。

 熊野陣営と「県民の会」は今後、知事選で掲げた公約実現へ、県民との運動をさらに強めることにしています。

 私は、総がかり行動うべ実行委員会の事務局長として宇部市を中心に熊野さん当選のために市民と野党の共闘の前進に力を入れてきました。

 昨日は、宇部市選挙管理委員会の開票立会人を務めました。

 宇部市でくまのゆずると書いていただいた7730票を目の当たりにして感激しました。

 私は、来年の県知事選挙宇部市選挙区の候補者として、くまの候補が掲げた公約をともに実現する立場で奮闘したいと思います。

 引き続き、総がかり行動実行委員会の事務局長として宇部市での市民と野党の共闘の前進に力を入れていきたいと思います。

 県知事選挙では大変お世話になりました。県知事選挙に対する皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

米、核戦力強化へ大転換 [2018/02/04 日 PM 03:19]

 トランプ米政権は、2日、核政策の今後の指針となる「核態勢の見直し」(NPR)を公表しました。

 核兵器の役割を低下させ、核軍縮を進めるとしたオバマ前政権の方針を転換し、低爆発力の核弾頭や新型核巡航ミサイルの開発によって、核戦力の強化・近代化を進める方針を示しました。

 核兵器禁止条約が国連で採択されるなど、世界が核兵器廃絶を目指す中、それに真っ向から逆らうものです。

 河野太郎外相は3日、トランプ米政権が発表した新核戦略指針「核態勢の見直し」(NPR)を「高く評価」し、核抑止力を含めた日米同盟の抑止力強化を目指すとした談話を発表しました。

 アメリカの「核態勢の見直し」方針を見て、西郷隆盛の「南洲翁遺訓」11を想起しました。

 猪飼隆明さんの訳で見て見ます。

 西郷隆盛は「文明」とは「道理が広くいきたわって行われることを褒め称えた言葉」としています。

 西郷隆盛は、この点から「西欧は野蛮」といいます。

 「西洋が本当に文明の国ならば、未開の国に対して、慈愛の心を持って接し、懇々と説諭を加えて開明に導くはずであろう。ところが、現実はそうではなく、相手が未開蒙昧の国であればあるほど、むごく残忍に振る舞ってきたではないか。これこそ野蛮と言わすして何ぞ」

 西郷隆盛が現代に生きていたならば、アメリカの「核態勢の見直し」方針を「野蛮な方針」と断じたと私は思います。

 また、西郷隆盛は、「南洲翁遺訓17でこう述べています。

 「その国が強大であることに恐れをなし縮こまってしまって、ことが起らなうようにと摩擦を避けて、その国のいいなりになるなら、軽蔑やな侮りを受け、好ましい交際はかえって破談してしまい、終いにはその国の掣肘(干渉、横やり)を受けることになってしまうものだ。」

 アメリカの「核態勢の見直し」方針を「高く評価」する河野外相の姿勢を西郷隆盛が現代に生きていたならば、国際社会から「軽蔑や侮り」を受けるものと批判したと私は思います。

 日本原水協事務局長の安井正和さんは、アメリカの新核戦略について次の談話を明らかにしています。

 「『米核態勢見直し』は、核兵器禁止・廃絶を求める諸国民と市民社会に対するあからさまな挑戦です。アメリカの反核平和団体が批判の声を上げ、行動を呼びかけています。連帯を強化し、米トランプ政権の核兵器政策、逆流を打ち破らなければなりません。日本の河野太郎外相が『高く評価する』としたことは、被爆国の閣僚としてあるまじき恥ずべき態度です。2020年までに『ヒバクシャ国際署名』を世界数億という目標で集め、核兵器廃絶を求める圧倒的世論をつくることが求められます。」

 安倍政権は、被爆国政府としての役割は発揮し、被ばくの実相を真正面から米国に訴えて、核戦力強化の新方針の撤回を求めるべきです。

 アメリカが新核戦略方針を明らかにしました。皆さんのお考えをお教え下さい。

ひっくりカエル! [2018/02/03 土 PM 03:45]

 先日の毎日新聞に、千葉県の児童相談所所長の渡辺直さんが考えた子どもとのコミュニケーション術「機中八策」が紹介されていました。「機中八策」とは、坂本龍馬が明治維新前に示した国家方針「船中八策」にならったものです。

 渡辺さんは、子どもとのスムーズ対話術は「ほまれかがやきを」の頭文字で覚えるものです。

 ほ-褒める ま-待つ れ-練習 か-代わりに行動する が-環境づくり(いつも、近づいて、穏やかに、静かな)

 や-約束 き-気持ちに理解を示す を-落ち着く

 渡辺さんは、子どもが委縮してしまう伝わりにくい対応は「ひどいおとぎばなし」の頭文字だと言います。

 ひ-否定形 ど-怒鳴る・たたく い-嫌み お-脅す と-問う・聞く・考えさせる ぎ-疑問形

 ば-罰を与える なし-なじる

 思春期の子どもを持つ親の一人として、「ほまれかがやきを」の言葉を使った方がいいことを痛感しています。

 いつも心に余裕を持って子どもに接したいと思います。

 「ほまれかがやきを」の言葉は、子どもだけではなく全ての人間関係に共通している言葉だと思います。

 筑波大学付属大塚特別支援学校主幹教諭・安部博志さん作・うちだコウイチロウさん絵の絵本「ひっくりカエル!」を読みました。

 マイナスの言葉をプラスにかえることがこの絵本の狙いです。

 私は、子どもの頃から、「おちつきがない」と言われてきました。

 この絵本で「おちつきが ないなあ」は「やりたいことがたくさんあるんだね!」に変わりました。

 私は、最近は「おしゃべりだね」と言われます。

 この絵本で「おしゃべだね」は「おはなしするのがうまいんだね!」に変わりました。

 この絵本で安倍先生は、「マイナスをリフレーミングできるようになると、自尊心が高まり、周りの人を尊重できるようになります。多様性を尊重する余裕が生まれるのです。ご家庭でのマイナスの言葉を、絵本のようにひっくり返してみて下さい。親も子も、心がほっこりしてきますよ!」

 現代社会は「非寛容な社会」と言われます。私たちは余りにも時間に追われ、人間関係がぎすぎすしがちです。

 心に余裕を持ってマイナス言葉を頭の中でプラス言葉に変えて日々暮らしていきたいものです。

 さて、明日は、県知事選挙です。県政の流れが、県民本位に「ひっくりカエル!」ことを願っています。

 プラスの言葉での思い出をお教え下さい。

平和憲法にふさわしい経済とは [2018/02/02 金 AM 11:02]

 引き続き、品川正治さんの「9条がつくる脱アメリカ型国家 財界リーダーの提言」を読んでいます。

 「平和憲法にふさわしい経済とは」という行も納得できる内容です。

 品川さんは、「平和憲法にふさわしい経済を追求するとはどういうことなのか」について次のように述べています。

 「『国家経済の成長』に軸足をおくのか、それとも『国民経済の安定』に軸足をおくのかの選択である。」として、品川さんは、「戦後の行動生長は国家経済イコール国民経済と考えられてきた。国家経済の成長がなければ国民の豊かさや満足に応じられないと考えられてきた。」「私は、個人・家計部門に軸足を移してこそ、はじめて憲法の理念にたつ経済発展の方途が見えてくると確信している。」と述べています。

 この点で、安倍首相が今国会に提出している「働き方改革」関連法案こそ、「国家経済の成長」に軸足を置くものであり、「国民経済の安定」に軸足をおくものではないと思います。

 目玉とされる「高度プロフェッショナル制度」(残業代ゼロ法案)は、一定の年収の労働者の労働時間、休憩、割増賃金などの規制を適用除外にします。代表質問で日本共産党の志位委員長は「どんなに働いても残業代はゼロ。労働時間規制もなくなる」と批判しました。

 残業時間の上限規制も、繁忙期は月100時間という「過労死水準」の残業を容認するものです。企業型裁量労働の拡大は、メディアや商品開発などに限られていた裁量労働(みなし時間分の賃金しか払わない)を営業職ににも拡大。低賃金と過労死の温床を広げるだけです。

 09年度と比べ2016年度の大企業の経常利益は、237と2.3倍も伸びているのに、賃金は、101.5と横ばいです。

 これでは、賃金が低迷し、個人消費も回復せず、経済の大停滞を招くばかりです。

 「国家経済の成長」に軸足を置いた、大企業の儲けを最優先させ人件費削減を大きく進める「働かせ方大改悪」ではなく、「国民経済の安定」に軸足を置いた、大企業の社会的責任を追及して、大幅賃金アップを実現し、労働者の働くルールを確立する真の「働き方改革」が今求められていると思います。

 その意味で、今年の春闘は極めて重要なものになると思います。

 経済や労働者の働く条件について皆さんはどのよにお考えですか。ご意見をお聞かせ下さい。

 引き続き、品川正治さんの本から学んでいきたいと思います。

9条がつくる脱アメリカ型国家 [2018/02/01 木 PM 07:59]

 昨日、念仏者9条の会第25回全国集会IN山口に参加しました。

 会場で、元経済同友会終身監事で、数年前に亡くなられた品川正治さんが2006年に出版した「9条がつくる脱アメリカ型国家 財界リーダーの提言」を購入して読み始めています。

 私は、品川正治さんのファンを自称しています。

 いくつかの本を読んできましたが、この本は未読でした。

 序章「なぜ9条改定に反対するのか」に、品川さんの体験の基づく思いが強烈に書かれてあります。

 品川さんは、兵士として中国大陸に送られた経験があります。

 この経験を基に次のように書いています。

 「理性も感性も限界に追い込まれる戦争の最前線を体験した人間にとって、『戦争がいい』などという言葉は一生使うことができない。『戦争はしない』と言うのは、威勢のいい言葉ではない。しかし、あの戦争で極限状態を経験した者には、威勢のいいことを口にすることはできないのである。『一国平和主義は卑怯で、日本人は平和ボケだ』などと高言する人には、『自分で戦場に行って、傷を負ってみろ』と言ってやりたい。」

 その上で、品川さんは、日本国憲法について次のように書いています。

 「日本国憲法は国民の、こうした戦争の深い反省を踏まえて守られてきた。そのことの誇りを持たないで、『占領軍の憲法だ』と切り捨てる議論がある。しかし、憲法制定の過程にいろいろあっても、日本国民が憲法を60年間も守ってきた、その実績のほうがはるかに重いはずである。そうした誇り高い意思を『平和ボケ』などと非難することを絶対に認めることはできない。私は、『西日本新聞』(2005年3月6日付)のコラムで、日本経団連の憲法9条改定や武器輸出解禁を求める報告書を厳しく批判し、『戦争は二度としない』と意思表示した。財界人である人間がこんなことを言って大丈夫か、と思われるかもしれない。だが、この意思は昔から一度も変えたことがない。私の座標軸はまったく動いていない。なぜなら戦争体験は私の血肉そのものだからだ。」

 私は、品川さんの戦争体験の血肉に基づく「戦争は二度としない」という遺志を本気で引き継ぎたいと決意を新たにしました。

 念仏者9条の会に集った全国の仲間の皆さんと一緒に、「安倍9条改憲の国会発議を許さない。」との想いを強めた昨日でした。

 品川正治さんの本からこれからも「戦争は二度としない」想いをしっかり引き続き学んでいきたいと思います。

 品川正治さんのファンの皆さん。品川さんの言葉で忘れない言葉をお教え下さい。

 また、憲法9条への想いをお教え下さい。

トランボ [2018/01/31 水 AM 08:05]

 昨日のしんぶん赤旗日刊紙に、映画評論家の上島晴彦さんが「コミック 山本おさむ著『赤狩り1』によせて」という小論を寄せていました。

 ハリウッドの赤狩りで、ブラックリストに載った脚本家のダルトン・トランボ氏。偽名で「ローマの休日」の脚本を担当します。

 「ローマの休日」の脚本がドナルド・トランボ氏であると映画のエンドロールに流れるクレジットが書き加えられたのは、映画の製作から60年近く経った2011年でした。

 上島さんは、山本おさむさんの「赤狩り」の中で、「ローマの休日」の撮影現場で助監督として働くレスター・コーニッグについて次のように書いています。

 「実はここで助監督として働くレスターは、第二次世界大戦中に監督ウィリアム・ワイラーと知り合って以来、彼の有能なアシスタントとして戦後ワイラー作品お支えた男。」「本当なら『ローマの休日』も共同製作者の地位を得ていてもおかしくないのだが、そうはならなかった。この一件のてん末は本書続巻で語られるだろう。」

 コミック 山本おさむ著「赤狩り」の続巻の中でのレスターに注目していきます。

 上島さんは、この小論の最後に、「ハリウッドを追放された人々が、そのキャリアの挫折を痛快なやり方で挽回する数々の歴史的エピソードは時に映画そのものよりも劇的なことがある。」と語っています。

 今、アメリカ映画「トランボ ハリウッドで最も嫌われた男」(以下トランボ)の原作本であるブルース・クック著手嶋由美子訳「トランボ ハリウッドで最も嫌われた男」を読んでいます。

 この本は、1977年、トランボが亡くなった直後に刊行されました。

 数えきれないほどの「もし」に導かれ、映画「トランボ」が製作されました。

 更に、数えきれない「もし」に導かれ、2016年に邦訳本「トランボ」が刊行されました。

 ブルース・クックは、生前のトランボは当然のこと、ハリウッドで赤狩りにあった多くの方にインタビューを行い、本書を書いています。

 本書冒頭に、脚本家のマイケル・ウィルソンのインタビューが掲載されています。

 自分と比較しトランボの仕事をマイケルはこう述べています。 

 「貧しかったころを忘れていないんだろう。ブラックリストの時代のことじゃない。もっと遠き昔のことだよ。その点、私はトランボよりも安穏とした少年時代と青年時代を送った。だから、私にはあそこまでの野心もなかったし、もっと・・・・そう、創造的怠惰のようなものに傾いていた。」

 トランボは赤狩りを受けた人々のリーダー的存在だったと書いてあります。

 「トランボは先頭に立ってブラックリストに戦いを挑み、戦略を示し、仲間たちの影の代弁者となって記事や手紙を書いたのだ。ブラックリストはただ終わったのではない。周到に計画され、大胆に実行された組織的活動であり、トランボはその司令官だった。」

 山本おさむさんのコミック「赤狩り」を契機に、日本で、ハリウッドの赤狩りに関連した書籍の出版・再版が行われています。

 トランボをはじめ、ブラックリストに乗りながら、時代とたたかい続けた人々から大いに学びたいと思います。

 今年に入り、ビックコミックオリジナルの発売日が楽しみになりました。

 とにもかくにも、山本おさむさんの「赤狩り」の行方が楽しみです。

 「赤狩り」ファンの皆さん感想をお聞かせ下さい。

 

 

上関原発に対する態度 [2018/01/30 火 PM 01:05]

 山口県知事選挙の候補者アンケートを見ています。

 今日の毎日新聞は、「上関原発問題」が取り上げられていました。

 現職知事候補は「上関原発計画については、上関町の政策選択と国のエネルギー政策を尊重して対応する」「公有水面埋立免許については、今後とも関係法令に基づいて対処する」

 現職知事候補は、上関町任せ、国任せで、結局、上関原発を進めようとしています。

 現職知事候補は、有権者に分かるように、原発推進だということを明らかにすべきです。

 原発推進の立場でなければ、現職知事は、上関原発の埋立免許延長を許可することはしないと思います。

 あくまでも埋立免許延長を判断したのは、「法に則って行った」からだというのなら、結局原発の可否を現職知事はどう思うのかを有権者に語るべきです。

 原発の可否は、国の責任において判断するものだというのは、有権者に対して無責任だと言えます。

 新人候補は、「原発は直ちにゼロにする」立場を鮮明にしています。

 有権者に対して自分の意見を示さないのは、投票率アップにも結び付かないでしょう。

 現職知事候補は、今からでも有権者に対して、「自分は、原発問題について反対なのか賛成なのか」国や上関町のせいにせず、はっきりと述べるべきだと思います。

 皆さんは上関原発に対してどうお考えですか。