環境と福祉の充実を目指して

ルネサス山口工場閉鎖撤回を求め要請書を提出 [2018/06/08 金 AM 06:53]

 昨日、日本共産党北南地区委員会は、ルネサスセミコンダクタマニュファクチャリング株式会社宮本佳幸代表取締役社長に対し、「ルネサス山口工場の閉鎖撤回と雇用の継続を求める要請書」を提出しました。

 要請書提出には、私と、荒川、時田、藤井宇部市議が参加しました。

ルネサス工場廃止撤回申し入れ

 山本総務課長に要請書を渡す私と宇部市議団

 要請項目は次の2点です。

 ①ルネサス山口工場の閉鎖を撤回すること。②370人の労働者の雇用の維持を図ること。

 要請書を受け取ったルネサスセミコンダクタマニュファクチュアリング株式会社管理統括部人事総務部山口総務課山本富美雄課長は、「受け取った要請書は会社に伝えます」と答えました。

 要請書は次の通りです。

・・・

2018年6月7日

ルネサスセミコンダクタマニュファクチュアリング㈱代表取締役社長 宮本佳幸 様

ルネサス山口工場の閉鎖撤回と雇用の継続を求める要請書

日本共産党北南地区委員会委員長 時田洋輔

日本共産党宇部市議会議員団団長 荒川憲幸

日本共産党前県議会議員     藤本一規 

 

6月1日、ルネサスエレクトロニクス(株)は、100%子会社であるルネサスセミコンダクタマニュファクチュアリング㈱山口工場(以下、ルネサス山口工場)の今後2~3年をめどに閉鎖すると発表しました。

ルネサス山口工場は、日本電気山口工場として1985年に操業を開始しました。楠町(現在、宇部市と合併)は、立地奨励金など約2億円を支出し、山口県は、工業用水道の敷設に5億7千万円の負担をしています。ルネサスエレクトロニクスは、行政から多大な財政支援を受けながら、企業の社会的責任を放棄して、地元の雇用を奪う山口工場を閉鎖することは許されません。

ルネサスエレクトロニクス㈱は、2012年7月3日、3年以内に国内18工場のうち山口・柳井工場など計8工場を売却・閉鎖するリストラ計画を発表しました。7月5日には、二井山口県知事(当時)と宇部市長、柳井市副市長がルネサス本社に出向き「事業継続と従業員の雇用維持」を求めました。ルネサスは同年年8月2日、山口工場の前工程を売却し、山口工場の後工程と柳井工場を閉鎖することを発表しました。8月28日、半田県商工労働部長(当時)と宇部市長と山陽小野田市長はルネサス本社に出向き「事業継続と雇用維持」を求めました。ルネサスエレクトロニクスは、これら地元行政の要請に従わず、柳井工場の閉鎖と山口工場のリストラ計画を粛々と進めました。

現在、ルネサス山口工場には、正社員260人、有期雇用を含めると370人が働いています。久保田宇部市長はルネサス山口工場の閉鎖発表を受け「山口工場の存続について、再度検討いただくとともに、従業員の雇用が継続されるよう、県と連携し要請していきたい」とのコメントを発表しています。

日本共産党北南地区委員会は、2012年のリストラ計画が発表された際、市民の皆さんと「ルネサスリストラ『合理化』対策実行委員会」を発足させて活動を行ってきました。今度も、市民の皆さんと共同して運動を展開したいと思っています。

以上の観点からルネサスエレクトロニクスに対して以下の要請を行います。

1、ルネサス山口工場の閉鎖を撤回すること。

2、370人の労働者の雇用の維持を図ること。

以上 

・・・

 昨日、萩原市営住宅集会所で、大平よしのぶ前衆議院議員を囲むつどいが開かれました。

 約30名の皆さんが集いました。

大平さんを囲む会

大平よしのぶ前衆議院議員を囲むつどいの様子

 私は、ルネサス山口工場閉鎖問題で発言しました。

 発言の要旨は以下の通りです。

・・・

 日本共産党サンきわ後援会主催の大平よしのぶさんを囲むつどいにご参加の皆さんこんにちは。

 来春の一斉地方選挙県議会議員選挙に立候補いたします藤本かずのりです。みなさんのお力で5期目の県議会に必ず送ってください。

 今日は、ルネサス山口工場の閉鎖の問題についてお話したいと思います。

 宇部市万倉に1985年から30年以上操業していますルネサス山口工場。6月1日に、親会社のルネサスエレクトロニクスという会社が、2~3年をめどに閉鎖すると発表しました。

 ルネサスは、2012年に大リストラを行いました。1219人いた労働者が、412人となり、807人の労働者がリストラされました。

 日本共産党は、労働組合の皆さんと一緒に、「ルネサス『合理化』対策実行委員会」を立ち上げて活動を行ってきました。このリストラには、二井知事や宇部市長などが「リストラ撤回」を本社に求めました。

 現在、正規労働者が260人、期間労働者を入れて370人が働いています。お配りしている資料にあるように、本日、時田地区委員長と荒川市議団長と私の名前で、「ルネサス山口工場の閉鎖撤回と雇用の継続を求める要望書」を会社に提出しました。

 日本共産党の綱領には「大企業・財界の横暴な支配のもと、国民の生活と権利にかかわる多くの分野で、ヨーロッパなどで常識となっているルールがいまだに確立していないことは、日本社会の重大な弱点となっている。」とあります。

 今、国会では、働き方改革の名で「働き方大改悪」を進める法案を一気に成立させようとしています。法律は、働くルールを更に壊すものです。

 ルネサスは、内部留保増加額上位10位に入る企業です。2014年から2015年1076億円を3910億円と2835億円増やしました。2018年の1月から3月お営業利益314億円です。にも関わらず、370名を路頭に迷わす工場閉鎖を併記で行う。このことは、もうけ第一主義で地域経済に犠牲を押しつけるものであり、まさに、ルールなき資本主義の典型です。

 日本共産党が躍進してこそ、地域経済や雇用は守られます。

・・・

 ルネサス山口工場閉鎖問題で申し入れを行ったのは、政党では日本共産党が初めてだと思います。

 日本共産党は、働くみなさんの党として、この問題に市民の皆さんと閉鎖撤回を求めて運動を起こしていきたいと思います。

 改めて、ルネサス山口工場閉鎖問題に関する関係者の皆さんを始め、幅広い市民の皆さんのお声をお聞かせください。

 

きゅうりダイエット3週間 [2018/06/07 木 AM 06:43]

 先月18日から始めたきゅうりダイエット。

 3週間取り組み、約3キロ減量することが出来ました。

 68.5キロあった体重が、今朝はかると65.5キロに。

 身長が165ですので、60キロ前半にしたいと思っています。

 この頃のきゅうりはとても美味しいので、ただただ楽しく続けることが出来ました。

 朝は、洗っただけのきゅうりをボリボリ。

 昼や夕方は、ざく切りにして、鰹節をかけたり、シーチキンと和えたりして食べています。

 ここ数日、浅漬けの素にきゅうりをつけて半日で「きゅうりの浅漬け」が完成です。

 中二の娘が最近は、「少し頂戴」と一緒に「きゅうり」を食べています。

 きゅうりは「脂肪分解酵素=ホスホリパーゼ」が含まれているそうです。

 きゅうりに含まれるカリウムはむくみを解消する効果があるそうです。

 毎朝のスロージョギングとセットで、健康的に日々活動したいと思います。

 これからもきゅうりダイエットを続けたいと思います。

 きゅうりを食べ始めて、食事が野菜中心になりました。

 他の野菜も美味しく食べられるようになりました。

 味噌汁の野菜の具も美味しく食べられるようになりました。

 〇〇だけダイエットで、それしか食べないのではなく、きゅうりを食べることを意識することで、食事全体が野菜中心になったことが、減量に効果があったのだと思います。

 皆さんも、きゅうりダイエットをお勧めします。

 角川書店から「分とく山 野﨑洋光著 きゅうり 食べるだけダイエット」という本に詳しく書かれてあります。

 それでは、今から、朝のきゅうりをいただくことにします。

敵地攻撃能力を強める自衛隊 [2018/06/06 水 PM 04:00]

 3日から中国新聞で「イワクニ地域と米軍基地 平和都市の周りで」と題する特集記事が掲載されています。

 この特集記事を読んでいると、米軍岩国基地の増強されることと軌を一にして自衛隊が敵地攻撃能力を保有しようとしている姿が鮮明です。

 3日付、特注記事の第一回では、5月中旬に三沢基地で行われて日米合同訓練の様子が描かれていました。

 「青森県の三沢基地に、丸みを帯びた胴体の戦闘機が舞い降りた。米軍岩国基地(岩国市)の海兵隊のF35Bだ。1月、航空自衛隊に初めて配備されたF35A1機との初の共同訓練のためだった。米ロッキード・マーチン社製の日米の最新鋭ステルス戦闘機が、三沢で翼を並べた。」

 自衛隊がF35Aを導入したことについて、特集記事はこう書いています。

 「日米同盟強化の象徴であるF35の導入。敵基地攻撃能力が高く、米軍との一体運用も可能な機種はしかし、日本の専守防衛の原則を揺るがしかねない存在とも言える。」

 4日付の特集記事第二回は、海上自衛隊呉基地の様子を報じています。

 「ひときわ大きな艦艇が入港した。海自最大級の護衛艦『かが』。大阪での一般公開後、母校への帰投だった。全長248めメートル。ヘリコプター5機が同時に発着でき、艦首から艦尾まで貫く甲板を備えた姿は、まるで空母だ。」

 自衛隊が空母を保有することについて、特集記事はこう書いてかいます。

 「昨年3月に就役した『かが』は、同じくヘリを搭載する『いずも』型護衛艦の2番艦。いすれの就役時にも中国メディアから批判の声が上がった。日本が旧海軍の艦船名を『復活』させたとともに、『空母を保有する』ことへの反発からだ。日本は、憲法上の立場から『攻撃型空母の保有は許されない』としてきた。いずも型について海自は、戦闘機などの発着機能がないため空母に当たらないとの見解を示している。」

 米軍岩国基地が敵への先制攻撃の拠点として強化され、それに「敵基地攻撃能力」を持とうとする自衛隊が共同訓練を繰り返す。この構図がこの特集記事から読み取れます。

 特集記事の第一回の最後に、「岩国基地の拡張・強化に反対する広島県西部住民の会」の坂本共同代表の発言が掲載されています。

 「平和都市をうたう広島のすぐそばにアジア屈指の攻撃拠点ができ、F35によって機能強化が進む。その危うさを、広島でどれだけ本気で議論されているのだろうか」

 アメリカとともに、機能強化をすすめる自衛隊の新たな任務や装備の増強について、本気で議論する必要があることを私は痛感しています。 

 同じ、中国地方の萩市にイージス・アショアが建設されようとしています。

 これも自衛隊が「敵基地攻撃能力」を保有するための当たらな装備の拡充です。

 岩国基地強化と合わせて中国地方の自衛隊基地も大きく変貌しようとしています。

 そのことについて、本気で議論する必要があることを私は痛感しています。

 米軍岩国基地の機能強化と合わせて自衛隊の増備が増強されようとしています。

 これらの問題について皆さんはどうお考えですか。

 

 

万引き家族 [2018/06/05 火 PM 06:27]

 今日のしんぶん赤旗日刊紙に映画ライターの平沢清一さんがカンヌ国際映画祭で最高賞を受賞した是枝裕和監督の「万引き家族」について書いた小論が掲載されていました。

 平沢さんは、映画「万引き家族」について「カンヌ国際映画祭で最高賞を受賞した本作は、死んだ親の年金を不正受給した事件から着想した、是枝裕和監督がここ十年来の思いのたけを込めた渾身作である。」「経済的な困窮が背景にあるある過ちやつまづきを自己責任と切り捨てる、弱者に冷たい社会への憤りと人の優しさへの希望を込めて、家族の絆のありようや意味を問い直す。」作品だと書いています。

 平沢さんは、是枝監督に「即興演出が生成する現実感と迫真性、出演者とのやりとりで脚本を変えていく柔軟さ、信頼関係を重視する謙虚な映画作りなど、監督ならではの手法に磨きがかかり、心揺さぶる子役の表情や俳優の絶妙な演技に結実する、暖かく奥深い人間洞察は円熟味を増す。」「多様性を認めない国粋主義の台頭を危惧し、いまだ解決しない日本の戦争責任に迫る物語を構想中という。社会派作品が作りづらい状況の日本にあって監督への期待は大きい。」と期待を寄せています。

 今、是枝裕和著「万引き家族」を読んでいます。

 平沢さんの文章を再び引用します。

 「近所のアパートで母親に寒空へ閉め出された5歳のゆり(佐々木みゆ)が不憫で治は黙って連れて帰る。信代も傷だらけの彼女の境遇を察して面倒を見る。やがで、ゆりが行方不明と大きく報道される。」

 この辺りまで(約半分)、小説「万引き家族」を読みました。

 平沢さんの文章を更に引用します。

 「家族の一員となったゆりを駄菓子屋で万引をさせた祥太に生じた思いから、一家は離散の危機に直面する・・・」

 この辺りがクライマックスですね。

 小説がどうなるのか、しっかり読んでいきます。

 映画は、8日から全国ロードショーです。中二の娘もこの映画は観たいと言っています。

 是枝さんの映画を劇場で見たのは「そして父になる」「三度目の殺人」です。

 DVDでは、「海街diary」「奇跡」。今「海よりもまた深く」を借りています。

 小説を読んで、是枝作品をおさらいしながら、今度の日曜日あたり是枝監督がカンヌ国際映画祭で最高賞を受賞した映画「万引き家族」をじっくり映画館で楽しみたいと思います。

 是枝監督ファンの皆さん。どの作品が好きですか。感想をお聞かせ下さい。

普天間第二小学校児童の避難367回 [2018/06/04 月 AM 07:07]

 昨日、「総がかり行動やまぐち県民大集会」が行われました。

 ゲストトークでは、反基地闘争沖縄平和運動センター事務局長の大城悟さんが「辺野古に基地は造らせない」と題して講演を行いました。

 辺野古では、2014年から護岸工事が行われ、石材を運搬する大型ダンプが入るゲート前で座り込み行動が行われています。

 抗議行動が行われた結果、工事は大幅に遅れていますが、大城さんは「政府がやろうとしていることは、できるところから工事を推し進め、工事の進捗を加速させ、県民の反対運動を衰退させる狙いがある」と語りました。

 そして、辺野古では、水深30メートル、それから40メートルにわたり軟弱地盤(マヨネーズ状)が存在していることが判明しました。

 山城さんは、「設計概要変更などの県との協議が必要だが、国は、計画な説明をせず、11月の知事選まで時間稼ぎをしている」と語ります。

 昨年、12月13日に、米軍機の窓が落下した普天間基地隣接の普天間第二小学校では、防衛局の職員が常駐し、学校の上空を米軍機が飛来したときに、子どもたちが屋外にいた場合は、「避難」の声をかけています。

 5月8日までの約5か月間で、児童の避難は367回に及びます。一日の最多避難回数は29回で、20回を超えた日が3回あります。

 事故後も日常的に米軍機が小学校の上空を我が物顔で飛行している実態がよくわかりました。

 山城さんは、「知事選挙で必ず勝利し、辺野古新基地建設をストップさせ、米軍の沖縄からの撤退を実現したい。」と訴えました。

 住民投票を力にする会の松田代表が、空母艦載機部隊の移駐で騒音が増大している岩国の実情を語りました。

 集会の最後に、「沖縄の辺野古新基地建設、極東最大規模となった米軍岩国基地や北朝鮮への軍事的圧力の必要性がなくなりつつある中でのイージス・アショア配備計画など、私たちが取り組むべき課題があります。平和と暮らしが危機に直面している今、希望は日本国憲法と私たちの共同の運動の発展にあります。市民と野党の共闘を強めれば、政府・与党の暴走をくい止めることは可能です。一人ひとりがお互いを尊重しつつ、共通の願いや要求に基づいて力を合わせ、さらなる連帯の輪を広げていきましょう。安保法制・共謀罪法廃止、『戦争する国』づくりを進める安倍暴走政治を許さないの声を県下全域から上げていきましょう。みなさんの行動への賛同と結集を強く呼びかけます。」などとする集会宣言を採択し、参加者一同で、「アベ政治を許さない」の文字を掲げました。

 県民集会写真

 

 参加者一同で、「アベ政治を許さない」を掲る

 昨日、沖縄では、「沖縄連帯のつどい」が行われました。

 日本共産党の志位委員長は、「安倍政権の卑劣な攻撃をはね返し、『オール沖縄』の結束をさらに強め発展させましょう。」と訴えました。

 沖縄と連帯して、平和な山口県を実現したと決意を新たにする集会でした。

家庭の児童虐待526件 [2018/06/03 日 AM 08:02]

 1日、第一回西宇部校区人権教育推進委員協議会が行われ、今年度も引き続き、会長を務めることになりました。

 今年度から新たに「子どもと大人の人権学習会」に取り組むことになりました。

 1日の山口新聞に、県内の児童相談所が認知した2017年度の家庭内での児童虐待件数(速報値)が報じれていました。

 児童虐待件数は、526件で前年度に比べ4.5%減少しましたが、過去最高だった16年度に次いで2番目に多い状況です。

 児童相談所への虐待相談件数は、902件で、前年度に比べ19.1%でした。

 児童相談所業務概要の最新「2016年度の実績」を見てみます。

 2016年度の実績を見ると、とにかく2016年度がピークだったことが分かります。

 児童虐待認知件数は、2016年度は551件で、過去10年で最大となっています。

 児童虐待通告件数は、2016年度は1115件で、統計を取り始めた2010年度より倍以上となっています。

 2017年度は、2016年度よりも、通告件数認知件数は若干減少しているものの、依然、県内の児童虐待の発生状況は、高い水準で推移しています。

 私は、過去の県議会で、中央児童相談所にしか置かれていない一時保護所を他の児童相談所にも配置すべきだと質したことがあります。

 2016年度の実績をみると、一次保護委託件数が過去5年の中で最大の389件となっています。

 現在、2019年度供用開始の予定、福祉総合相談支援センターが整備されています。

 この中に中央児童相談所が移設されます。

 県は、「この整備の中で、定員増等、一時保護所の機能強化を図ることとしている」としています。

 中央児童相談所のリニューアルを契機に、県内の一時保護所が増員され、施設への委託が軽減されることを望みます。

 児童福祉士が適正に配置され、増加し複雑化する児童相談に的確に対応できる児童相談所の県内での体制が構築されることを望みます。

 児童虐待認定件数が昨年度526件発生しています。

 児童の人権をめぐる状況を皆さんはどうお考えですが、ご意見をお聞かせ下さい。

ルネサス 山口工場を閉鎖へ [2018/06/02 土 AM 07:52]

 昨夜、NHK山口放送局は、「大手半導体メーカーの『ルネサスエレクトロニクス』経営合理化の一環として、2年から3年後をメドに山口工場を閉鎖することを決めました。発表によりますと、ルネサスエレクトロニクスは2年から3年後をメドに主に電気製品や産業用機器に使う半導体を生産している宇部市にある山口工場を閉鎖するということです。会社では、経営の合理化をすすめる中、製品の需要が減少して稼働率が下がっていることや施設が老朽化していることから閉鎖を決めたとしています。山口工場の従業員はおよそ260人で、会社では『雇用が継続されるよう努力していく』としています。また、工場については売却先を探す努力を続けるとしています。

 ルネサスエレクトロニクス株式会社のホームページには、昨日付で「山口工場の閉鎖および滋賀工場の一部(シリコンライン)集約について」とのコメントを掲載しています。

 宇部市万倉にある山口工場は、1985年に日本電気系の会社として操業を開始しました。

 山口工場の立地にあたっては、旧楠町が、立地奨励金など約2億円を支出し、山口県も、工業用水道の敷設に5億7千万円負担しています。

 行政の多大な財政支援を受けながら、企業の社会的責任を放棄して、地元の雇用を奪うルネサスの身勝手なリストラは許されません。

 ルネサスは、2012年8月2日、山口工場の前工程を売却し、山口工場の後工程を閉鎖するスケジュールを発表しました。

 ルネサスは、この程、山口工場の売却先を確保することを断念し、山口工場を閉鎖することを発表した形です。

 私の中学校や高校の同級生が、山口工場で働いていましたが、多くがリストラにあいました。

 残っている知人もおります。

 ルネサスは「雇用が継続されるように努力していく」としていますが、本当に260人の雇用が確保されるかどうかが問題です。

 県外の工場への転勤と言われても、家庭の事情などで困難なケースもあり、自らがルネサス内での雇用の継続を断念する場合もあるでしょう。

 2012年のルネサスリストラ案が出された時には、二井知事(当時)と宇部市長などが、ルネサス本社に出向き「事業継続と従業員の雇用維持」を求めました。

 山口県や宇部市は、ルネサス山口工場の閉鎖報道に対し、「事業継続と従業員の雇用維持」を求めてルネサス本社に要請を行う時です。

 私は、ルネサス山口工場に「閉鎖撤回」を求めるなど働きかけを行っていきたいと思います。

 宇部市万倉にあるルネサス山口工場が閉鎖されるとの報道がありました。

 山口工場で働く皆さんを始め、関係者の声をお聞かせ下さい。

ご飯論法 [2018/06/01 金 AM 06:46]

 5月29日のしんぶん赤旗日刊紙「潮流」を転載します。

 ・・・

 朝ごはんは食べなかったんですか?」「ご飯は食べませんでした(パンは食べましたが、それは黙っておきます)」「何も食べなかったんですね?」「何も、と聞かれましても、どこまでを食事の範囲に入れるかは、必ずしも明確ではありませんので・・・

 論点のすり替えや、はぐらかし。不誠実な政府答弁の手法を例えた『ご飯論法』が話題です。『では、何か食べたんですか?」「お尋ねの趣旨が必ずしもわかりませんが、一般論で申し上げますと、朝食をとるというのは健康のために大切であります」

 労働問題に詳しい法政大の上西充子教授がツイッターに投稿しました。野党の追及をかわすまやかしの答弁にうんざりさせられると。共感が広がっているのも同じ思いを抱く人が多いから

 きのうの集中審議もそうでした。モリカケ疑惑で首相の関与を裏付ける文書が出てきても口先だけで否定する。証拠を突き付けられてもごまかす。これでは議論にならず、関係者を喚問するしかありません

 直近の世論調査では、首相の説明は「信用できない」と回答した人が7割にも。自民の支持層でも「信用できる」を上回り、無党派層では8割を超えています(「毎日」)

 上西教授の投稿は「働き方改革」法案をめぐる加藤厚労相の答弁を問題にしたもの。「人をだますことを得意とする大臣に、働く人の命と健康にかかわる法案の質疑の答弁に立つ資格はない」。それは国民と国会を欺き続ける、この内閣のすべての人たちにいえることです。

 ・・・

 党首討論でも安倍首相は、『ご飯論法』でいいのがれを行いました。

 志位委員長が、政府も否定できない5つの悪質行為を示し、なぜそれが引き起こされたのか、と答弁を求める質問に、安倍首相は、公文書管理の問題にすりかえるなどの発言に終始しました。

 昨日は、安倍内閣が「働き方改革」一括法を衆議院本会議で強行採決しました。

 「人をだます政権に、国民の命を護る資格はない」

 このことを国会終盤に示しましょう。

 安倍内閣の退陣を市民と野党の力で実現していきましょう。

魔術師のおい [2018/05/31 木 PM 03:02]

 今、ナルニア国物語を「光文社古典新訳文庫」で読み始めました。

 同時に、映画「ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女」を観はじめました。

 C・S?ルイスが刊行した順番は以下の通りです。

 「ライオンと魔女」

 「カスピアン王子のつのぶえ」

 「朝びらき丸 東の海へ」

 「銀のいす」

 「馬と少年」

 「魔術師のおい」

 「さいごの戦い」

 ナルニア国物語の誕生から終焉という時系列で順番付ると以下の通りです。

 「魔術師のおい」

 「ライオンと魔女と衣装だんす」

 「馬と少年」

 「カスピアン王子」

 「ドーン・トレッダー号の航海」

 「銀の椅子」

 「最後の戦い」

 光文社古典新訳文庫では、時系列順で刊行されています。

 今、「魔術師のおい」を読んでいます。

 「魔術師のおい」の解説で上智大学文学部の松本朗教授は、「ルイスの作品には、イギリス社会にたいする批判性が実は含まれており、その観点から、『ナルニア国物語』の素晴らしさは再評価される必要があるのではないだろうか。」と書いています。

 松本教授は、20世紀前半のイギリス社会は新しい社会像の模索が進んでいたとして次のように書いています。

 「二度にわたる政界対戦があった上に、1926年には280万人もの労働者が参加するゼネラル・ストライキが行われるなど、イギリス社会の既存のシステムや価値観が大きく揺さぶられる事態が立て続けに生じていたからである。『行き過ぎた帝国主義と自由奔放主義的資本主義が世界戦争を導いたのではないか』、『国家は、上流階級や上層中流階級に適切な遺産税を課し、貧困層に富の再配分を行う必要があるのではないか』との新しい議論がでてくる。そして、第二次世界大戦後、総選挙で歴史的勝利を収めた労働党政権の下で、疫病、失業、老齢年金などを国家が包括的に面倒をみる社会福祉制度、および。国民なら誰でも無料で医療サービスが受けられる国民保健サービス制度が整備される。まさに『ゆりかごから墓場まで』を標語とする社会主義寄りの福祉国家、新しいイギリスの誕生であった。」

 「もちろん、こうした共通点を取り上げて、ルイスが福祉国家を支持する政治的な意図をもってナルニアを書いたなどというのではない。現実社会とフィクションの関係はもっと複雑である。だが、ここで興味深いのは、暗ではあるが、中世の有機体論的な共同体像や労働観を喚起するかたちでナルニアが創世されたことである。」

 「彼らは、ナルニアという新しい世界における文化的な農村生活で、それまで断ち切られていた大地との繋がりや、共同体の成員との上下関係ではない緩やかな関係を、回復するのである。その世界は、生命力と喜びに満ちている。こんなふうに過去のイギリスのありように学びながらも、新しく、より良い世界を想像/創造していく力の重要性を、『ナルニア国物語』は示唆しているのではないだろうか。」

 ジェイディス女王が、敵軍を近づくのを待って自らの国を滅ぼしたこと事実に対し、ディーゴリーは「だけど?国民は?」と女王に質問します。

 女王は、「ようか、小童、そちやそちのような平民どもにおいて悪行とされることであっても、わらわのような偉大なる女王においては悪行とはならぬのじゃ。わらわの肩には世界の重責がかかっておる。わらわはいかなる掟にも縛られるものではない。わらわのような人間は、孤高なる運命をさずけられておるのじゃ。」

 女王の理論は、今日の核保有国の理論のように感じられてなりません。

 米朝会談が成功し、朝鮮半島と世界で非核化の流れが広がることを願います。

 このことをこの文章から感じました。

 「新しく、より良い世界を創造」するために、「ナルニア国物語」から学んでいきたいと思います。

 皆さん、「ナルニア国物語」の感想をお聞かせ下さい。

 

空母艦載機部隊の訓練が本格化する岩国 [2018/05/30 水 AM 06:57]

 昨日、日本共産党宇部協立病院後援会が「藤本かずのりさんを囲む集い」を開催しました。

 私は、岩国基地をめぐる問題についてお話しました。

 私が昨日お話した趣旨は以下の通りです。

・・・

 県議候補の藤本一規です。

 今日は、山口県内での大きな問題である米軍岩国基地をめぐる問題についてお話ししたいと思います。

 今年の3月までに、米軍岩国基地に神奈川県の米軍厚木基地から空母艦載機部隊の移駐が完了しました。

 資料1にあるように、現在の所属機が約60機です。空母艦載機部隊として、61機が移駐しましたので、合計121機となりました。

 移駐した戦闘機は、資料2にあるように、最新鋭の戦闘攻撃機FA18スーパーホーネットなども含まれます。

 資料3は、岩国日米協議会での確認事項です。飛行については、盆・正月は飛ばない、運用時間は、6:30~23:00までだとしています。また、着艦訓練については、資料9にあるとおり、岩国基地での実施は原則認めないとのスタンスを県は堅持しているとしています。

 これまで、まがりなりにも守られてきた、岩国日米協議会での確認事項などが空母艦載機部隊の移駐によって簡単に壊されてきているのが現状です。

 資料4は、防衛省中国四国防衛局が、空母艦載機部隊の移駐を受けて、岩国市に説明に来た時の山口新聞の報道です。

 空母艦載機部隊の戦闘機に乗るパイロットは、空母が出港する前に、空母着艦資格取得訓練(CQ)を行うことになっています。具体的には、艦載機のパイロットが洋上の空母に実際に着艦する試験、硫黄島での陸上着艦訓練(FCLP)後10日以内に開始する決まりです

 防衛省の担当者は、岩国基地への最終着陸時刻について「午後11時ごろまでと計画しているが、越えて帰投する場合もあり、滑走路の時間外運用の可能性がある」と述べました。

 県議会だよりの木佐木県議の報告を見ていただければと思います。

 岩国基地の運用マニュアルには、正月3が日とお盆の間について飛行を前提にした記述となっているということです。

 実際に、昨年の盆と正月に戦闘機が飛行を行っている実態があります。

 資料3で示した「岩国日米協議会」の同意のうち、盆正月に飛ばない約束は実行されず、夜11時以降は飛行しないという約束が壊されようとしていることが明らかになりました。

 資料5は、実際に、空母艦載機部隊の移駐が完了して、この間の騒音の状況を示したものです。

 5月8日、この日だけで176件もの騒音に対する苦情が岩国市に寄せられました。過去20年で最多となりました。

 2017年の苦情件数は、3077件で、滑走路沖合移設後最高となりました。沖合移設の効果は空母艦載機部隊には全く通用しないことが明らかです。

 4月上旬だけで、苦情件数は、702件、一日平均では、108回となり、すでに、苦情が多かった昨年の66回を超えています。

 資料6は、中国地方知事会が、今月23日に政府に行うためにまとめた、「住民の平穏な生活を乱す米軍機の飛行訓練への対策について」という文書です。文書には「米空母艦載機等の岩国移駐が完了し、騒音被害の増大や航空機事故の発生が懸念される」としています。騒音については、懸念ではなく実際に増大していることが明らかになりました。

 資料7は、仁比参議院議員が、指摘をした岩国基地「航空運用マニュアル」に関する質問内容です。

 米軍のマニュアルには、空母離着陸訓練は「同時に3機まで」「600フィート(地上約180メートル)で周回」しながらタッチアンドゴーを行うことや「昼間」「夜間」も行うなどが書かれてあります。

 先ほどから指摘をしているように、空母離着陸訓練は岩国基地では原則行わない、深夜は飛行しないことなどが確認されてきましたが、米軍のマニュアルではそのようなことは全く無視したものであることが明らかになりました。

 神奈川県の横須賀基地に配備されているのが原子力空母「ロナウド・レーガン」です。いよいよ今日出港したことが明らかになりました。

 空母はが、九州沖に停泊し、実際の空母を使っての着艦訓練が行われることが明らかになっています。

 これから、岩国基地の空母艦載機部隊は、九州沖に停泊している原子力空母に向けて飛び立ち、訓練を行い、岩国基地に帰ってくることが繰り返されることが想定されます。

 資料8は、横須賀基地から空母がどの程度出港しているかを示した資料です。平成7年には、11回。ほぼ毎月出港しています。つまり、空母艦載機が空母の出港前に、陸上の着艦訓練場のある硫黄島での訓練を行い、空母が出港して九州沖に停泊した実際の空母の上で訓練を行うことは、1年に一度ではないということです。平均して3~4ヶ月に1回は行われる可能性があるということです。

 厚木基地では爆音訴訟が行われ、原告が勝利するなどの状況があり、空母艦載機部隊が岩国基地に移駐したわけですが、厚木の苦しみが岩国で本格化することになったということです。

 資料9は、空母艦載機部隊の移駐に対して、県がどのようなスタンツを取ってきたかということが書かれてあります。

 県は、今以上の機能強化は容認できないと空母艦載機部隊の移駐を拒否してきたのです。しかし、国から「生活環境全体として現状より悪化するとはいえない。」との説明をうのみにし、「機能強化ではない」として、空母艦載機部隊の移駐を容認しました。

 実際に、空母艦載機部隊が移駐して、今まで以上の生活環境の悪化は明らかなわけですから、県や岩国市は、空母艦載機部隊の撤退を国に求めなければならないことは明白です。

 そして、今まで見てきたように着艦訓練を岩国基地で行わないとは言えない状況であるという点でも、県や岩国市は、空母艦載機部隊の撤退を国に求めるべきです。

 更に、普天間基地の移設の見通しは全く立っていません。空母艦載機部隊の先行移駐の実態は明らかです。

 山口県と岩国市は、沖縄県と連帯して、国による辺野古新基地建設強行と空母艦載機部隊移駐強行に抗議すべきです。

 現状では山口県が、艦載機部隊の先行移駐を容認したことで、政府の背中を押して、更に辺野古新基地建設強行の背中を押している状況です。

 一斉地方選挙と参議院選挙勝利で、岩国基地の拡大を止めましょう。

・・・・・

 今朝の毎日新聞は「米軍厚木基地(神奈川県)から岩国基地(岩国市)へ空母艦載機部隊が移転した後、初の空母艦載機資格取得訓練(CQ)が30日にも始まる。硫黄島(東京都)での陸上空母離着陸訓練(FCLP)が完了したことに伴う訓練で、今回から九州沖で実施されるが、拠点となる岩国基地周辺で深夜に騒音被害が発生する可能性もある。」と報じました。

 住民の命と暮らしを最優先にした対応が行われることを強く望みます。

 日本共産党国会議員団中国ブロック事務所は、6月2日(土)午後1時~ 岩国市福祉会館で、「中国地方の基地問題を考えるシンポジウム」を開催します。比嘉沖縄県議会議員や仁比参議院議員が報告を行います。

 どなたでも参加できます。多くの皆さんのご参加をお願いいたします。

 岩国基地に移転した空母艦載機部隊が本格的な訓練を実施しています。

 皆さんはこのことをどのようにお考えですか、ご意見をお聞かせ下さい。